FC2ブログ

With a Happy Ending

花より男子の二次小説。CPはつかつくonlyです。

恋に落ちるということ 28

5
「今夜は帰さねぇから。」司はあたしを抱き上げたままダイニングルームを後にする。ちょっと待って!帰さねぇって、あたし、昨日からここに泊まってるけど.....って、違う、違うっ!!そうじゃないでしょ、あたし。___もう遠慮は止めることにしたゴクッ!そ.....そういうこと!?わ、分かるよ、大丈夫!あ、あたしだっていい歳だもん。愛し合う二人なら当然のこと....だけど、今日?あたし、全く考えてなかった...子供みたい......

恋に落ちるということ 27

6
___恋に落ちるということそれは、彼女の全てを知りたいと思うこと。そして、彼女の全てが欲しいと思うこと。恋に落ちた男は皆、永遠に彼女を手に入れたいと思うに違いない。そんな思いで臨んだディナーの席。プロポーズのタイミングを計る俺。テーブルには最後のデザートが運ばれてきた。「牧野...」「うわっ、またこんなに来たよ!ケーキの盛り合わせ?凄ーいっ。司ったら、毎日こんな晩御飯食べてるの?なのによく太らないね...

恋に落ちると言うこと 26

4
あのデートの時、確かに司は家を建てるようなことを言ってた気がする。だけど、普通、あれを本気にする?夢って言うか、憧れの話だよ?しかも、結婚って.....あれは冗談じゃなかったの?だけど、恥ずかしいようなその図面を見ながらも、顔がにやけてるあたし。実はちょっとだけ、嬉しかったりして.....そして、ハッと我に返った。違う、違うっ!!タマさんが言う様に、こんなに広いお邸があるって言うのに、そのお邸の目の前に更に...

恋に落ちるということ 25

3
「今晩覚えてろ...だって。プククッ。何言ってんだろ?何か美味しいものでも食べさせてくれるのかな~。司ってばグルメだもんね~。」司からの深いキス。初めて自分から舌を絡めた。ドキドキしたけど、司の体にぐっと力が入って反応するのが嬉しくて。秘書さんが来たことに拗ねてる司に、小さくキスをした。行きたくねぇって駄々をこねてたけど、さすがに副社長がサボリなんて許されるはずもなく、秘書さんに連れられて出て行った...

あとがきと近況

4
こんばんは、Happyendingです(*^^*)『さよなら、大好きな人』、最後までお付き合い頂きありがとうございました。コメント・拍手コメントもありがとうございました(*^^*)一つ一つにお返事を書きたかったのですが、毎日バタバタで、なかなかゆっくりとした時間が取れません(>_...