花より男子の二次小説。CPはつかつくonlyです。

With a Happy Ending

おはようございます。Happyendingです。

突然ですが・・・
つかつく♥ コラボリレー企画のお知らせです。

告知は、今日、この画面でのみという、知る人ぞ知る企画。
スタートはここを見た方しか、知りません。

つかつく二次作家が数名集まり、勝手に意気投合。
適当にやろうか?ということで・・・始めます!


『ガチリレー』!!



①それってなーに?

これはですね。
タイトルと、スターターのみ決定し、2番手以降の書き手は、順次一つ前の書き手さんが決めていくという、スリリングなリレー企画です。

当然ですが、内容は決めていません。
全ては、第一走者に任されています。
その後の展開は、各書き手さんの裁量で。

つまり、全くのぶっつけ!です。


②メンバーは?

内緒です。
お話の最後で、次の作家さんを指名します。
メンバーも誰が指名されるか知りませんよ!
読者さんと共に、ワクワク・ドキドキを楽しむ企画です。


③ルールは?

お話は、バトンを受け取ってから、3日以内にアップする。
(早ければ、翌日、遅ければ3日後)
投稿時間は、 『AM 6:00』 で統一。
(パスは1回まで。パスした方は、次の方を指名しましょう。)


④いつ終わる?

誰にも、分かりません。
司とつくしがHappyになるまで!です。




そして、このデンジャラス!コラボリレー
名誉ある第一走者は・・・

あみだくじにより、
私、Happyendingに決まりましたー!

パチパチパチ・・!!

(参加メンバーは読者さんに内緒なので、告知もここだけですよ。)



さて、気になるコラボリレーのタイトルは??


『Let's be happy together』

一緒にハッピーになろうぜ!イエーイ!です。




スタートは・・・今から1時間後。

『6月3日 AM6:00』

参加されるつかつく作家さん、
そして、多くのつかつく、花男二次を愛する読者さん、

是非、一緒に楽しみましょう!
どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

  1. つかつく♥コラボ『ガチリレー』
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

俺・・すげぇ、幸せかも・・。


月明りが部屋を照らす夜更け。
俺の腕の中には、最愛の女。

俺はこの4年、こいつを手に入れるためだけに努力してきた。
そして今日、こいつが恋しくて苦しんだ日々も終わった。



あの4年の約束通りに、俺は彼女の元へ帰って来た。
「ただいま。」
「お帰り。」
ただ互いに見つめ合い、交わした言葉はその一言だけ。
そして二人、手を繫ぎ、邸へ戻った。

懐かしい、俺の部屋。
どちらからともなく、唇が合わさった。
こいつの唇に触れるのは、1年ぶり。
その柔らかさと甘さに、脳内が痺れる。
ふっと、鼻腔を擽るのは、彼女のシャンプーの香り。

ドクンッ。
俺の心臓が大きく鳴った。

もう・・押されらんねぇよ・・


どんどんキスを深めていく。
互いの唾液が絡み合い、どうしようもなく求め合う。
口付けたまま抱き上げて、そのままベッドの上。
俺は彼女を組み敷いていた。

いつも強情な彼女が抵抗しない。
それって、お前も同じ気持ちだってことだよな?


プツンと自分中の何かが切れて、
貪るように彼女に食らいついた。
どうやって服を脱がせたのかも思い出せない。

あっという間に互いに全裸になり、
彼女の柔らかさに夢中になって、
彼女の熱さに翻弄された。

___俺は、今日、初めて彼女を抱いたんだ。


カーテンから洩れる月明りが、彼女の疲れ切った頬に注がれる。
俺は、そっと、その頬にキスを落とした。

愛してる。
これからは、ずっと一緒だ。
絶対に離さない。

必ず幸せにする。
一生だ。

それが、愛する女を抱いた、男の責任。



***



「ん・・・」
「起きたか?牧野。」
「んん・・・えっ、どっ、どーみょーじっ!?」

何をそんなに焦ってんだか、この女は。
俺は、お前の彼氏だろ。
つーか、昨日、初めて抱き合った恋人だ。

ガバッとシーツをつかんで、胸元を隠す牧野。
寝ぼけ眼も超可愛い。

「あっ、やっ、えーと。おはよ・・。」
「はよ。」

真っ赤になってやがるこいつ、可愛い過ぎんだろっ。

「体、大丈夫かよ。」
チュッとキス・・・

「ぐえぇっ!」
牧野に顎を張り手された。
今更何を照れてんだ、このバカ女。

「だっ、大丈夫っ!あたしっ、シャワーするから。あんた、向こう向いてっ!」
「あ?」
「いいからっ。」
「ちょっと待て。」
「やっ。」
「待てって、牧野。マジな話。」

色気もへったくれもねぇ。
ベッドを抜けようとする牧野の腕を掴んで押さえた。
驚いた牧野が、でけぇ目をさらに見開いて俺を見つめる。
やべっ、すげぇ可愛い。

「牧野・・マジな話。結婚しよ。」

「・・・?」
「牧野、返事。」
「はい??」
「よっしゃ、OKっつーことだな。」

ガッツポーズをとる俺の胸を、牧野がドンッと押した。

「ちっ、違うからー!!」
「は?」
「あっ、あんたっ、一体、何考えてんのよっ!」
「だから、結婚。」
「どうして、急にそんなこと言うの?」
「急じゃねぇよ。ずっと、考えてた。帰国したら結婚するのが俺の夢だった。そのために、4年頑張った。」

じーっと牧野を見つめて言う。
俺は、本気だからな。

「そんな・・・道明寺・・。」

「お前には、もう、俺しかいねぇだろ?」

昨日、愛し合った仲だろ?
お前に、俺以外の男なんて必要ねぇだろ?
ババァやオヤジも俺らのことを認めてる。
だから、プロポーズを断る理由なんてないはずだ。


「そっ、それは、そーだけどさ・・。」

そーだけど、何だよ?
お前は、俺と結婚したくねーのかよ?

「そうじゃないよ。新婚旅行は道明寺と一緒にハワイって決めてるし!でも・・でもさ。だって、今までずっと離れてたんだよ?それなのに、いきなり結婚って、おかしいじゃない。」

訳わかんね。何が、おかしーんだ?

「だからっ、ほら。普通に、食事に行ったり、ドライブに行ったり・・とか、そーいうデートとか、全然してないじゃん。」

デート??
そんなん、いくらだってしてやるよ、これからは。

「普通の恋人同士のデートもしないで、結婚なんて、ありえないしっ!」

ふーん。そーいうもんか?

「それに・・。なんか、不安なんだもん。」

何が?そんな、不安、俺が掻き消してやるから。

「だって・・昨日の・・とか・・。」
「昨日の・・何だよ?」

ドキッ!!昨日のって、SEXのことか??
マジかよっ!俺、ダメ出しかよっ!
やべ、マジ凹む・・・

「だってね。桜子たちが言ってたんだ。やっぱり、その・・相性が合わないと離婚の原因になるって・・。」

離婚?
合わない?
SEXの相性っ?!

つっ、つまり、それは・・
昨日の俺には・・不満ってこと・・だよな・・。
ショック・・・でけぇ・・・かなり・・いてぇ・・。

「だって・・だって・・すっごく痛かったんだもん。本当に、あんなに痛いものなの?あたし・・あんなんじゃ、あんたを、気持ちよくさせてあげられないでしょ?」

は?

「それに、ずっとあんなに痛かったら、もうできないかも・・。あたし、きっとオカシイんだよね。欠陥品なのかも・・ぐすっ・・。」

はぁ??
何言ってんだよお前っ!

どうする?どうする?
どうすんだ?俺っ!


「牧野!ちょっと待て。お前、勘違いすんなっ。」
「ぐすん。」
「俺が結婚しよって言ってんのは、そーいうことしたいからじゃねーからな。そりゃ、好きな女は抱きてぇよ。でも、それ以上に、お前のことが好きだから、ずっと一緒にいてぇんだよ。もう、離れたくねぇ。」
「ぐすん・・・道明寺・・。」

「それにな・・その、あれだ。SEXっつーのは、やってるうちに感じてくるもんなんだよ。お前にはわりぃけど、俺は、すげぇ気持ち良かった。ごめんな、お前は、痛いばっかりで。」
「道明寺、気持ち良かったの?」
「当たり前だろ?最高だ。俺はお前しか欲しくない。」

牧野が涙目で俺を見る。
めちゃくちゃ可愛い。

「だから、心配すんな。俺が教えてやっから。俺たちの相性が悪い訳ねぇだろ?」
「ぐすん。うん。」

牧野の髪をゆったりと撫でる。

「デートだって、何だって、いくらだってしてやる。お前の望みは何でも叶えてやる。」
「何でも?」
「あぁ。」

本当だ。
お前のためなら、何でもする。
海でも、ドライブでも、高級レストランでも、どこだって連れて行ってやる。
犬は勘弁だけど、仕方ねぇから、庶民のデートだって付き合ってやる。

「だから、俺と結婚しろよ。」

牧野の瞳をじーっと覗き込んだ。
返事しろよ。早くっ。

「絶対?」
「あぁ。」
「デート、たくさんしてくれるの?」
「あぁ。何回でも。どこへでも。」

不安そうな牧野の顔。
そんな顔すんな。

「次は・・・痛くない?」

うっ・・そりゃ、少しは痛ぇだろーけど・・

「努力する。」


真摯な俺の姿に、牧野も覚悟を決めたらしい。

「たくさん、楽しいデートがしたい。それで、その・・・本当に気持ちよくなれるって分かったら、そうしたら・・・結婚考えるから・・。」


デートして?
気持ちよくなって?
そうしたら・・・!!

「ほんとだな?そうしたら、ハワイで結婚式だからなっ!」

そう叫んだ俺に、牧野は恥ずかしそうにコクンと頷いた。


ヤッタ!!!



そして、俺は密かなる闘志を燃やす。

デートは俺の十八番だ。
あっちのほうは、少しずつ、慣れさせればいい。
そして最後は、新婚旅行どころか、結婚式もワイハだろ?

どーってことねぇよ。
この勝負。
俺の勝ちは見えている。

必ず、お前を手に入れる!
待ってろよ!牧野つくし!!


第1話(終)







さて!スタートを切りましたガチリレー!
書いた者のみが許される、次走者指名!

ちゃりらーん。

第二走者は!!


これまた、くじ引きで(笑)、
お話のタイトルを決めて下さった・・・『やこさん』へ。


第2話は、6/6(火)までの間の、AM6:00のどこかで、
やこさんのブログサイトBeautiful daysに掲載されます。

皆さん、どうぞお楽しみに。

そして、やこさん。ごめんなさい、予想通りだった??
バトン渡しました~。
よろしくお願いしまーす。



にほんブログ村
応援よろしくお願いします!
  1. つかつく♥コラボ『ガチリレー』
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

つかつく♥コラボ ガチリレー

2017年6月3日 スタート
     6月18日 完結
   
第1話 Happyending  
第2話 やこ        
第3話 koma       
第4話 きぃ
第5話 Asuhana
第6話 lemmmon 
第7話 蘭丸       
第8話 やこ     
第9話 Asuhana   
第10話 Happyending   
第11話 蘭丸     
第12話 lemmmon
第13話 蘭丸
第14話 きぃ
第15話 koma   (完)


あみだの神様によるあみだくじにて・・・・
タイトル決定  やこ
スターター   Happyending

と決まり始まったガチリレー1周目。

2周目からは、完結を目標に、またしても、あみだの神様で順番を決めて進み、

6月18日をもって、無事完結となりました。

応援ありがとうございました!
  1. つかつく♥コラボ『ガチリレー』
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

「道明寺、この結婚契約書にサインしてね。」

そう言って、あたしは道明寺に一枚の紙を差し出した。

個人資産、健康状態、日常生活の約束事なんてのは、どうでもいいのよ。
一番大切なのはね・・・『夜の営み』。

これよっ!これっ!


道明寺ってば、本当に体力バカなんだからーっ!

一昨日の夜。
あたしは、初めての、本当に初めての快感を味わった。
道明寺のキスと、長い指、それから舌を使ってイカされた。
頭の中が真っ白になって、何も考えられなくて、どうしたらいいのかわからなくて、それでも逃してもらえなくて、だけど、これが愛し合うことなんだと知った。

本当に幸せ・・・そう思ったのに・・・。
あいつってば!
ありえないっつーの!!

絶頂に達したあたしは、幸せで、幸せで、この男と人生を共にする、この男を幸せにしてあげようって心底思った。

それなのに・・

一度じゃ終わらず、二度。
ううん。二度じゃ終わらず、三度。
それだけじゃない。三度じゃ終わらず、四回目も!

あたし、もう、壊れちゃうって言ったのに・・。
もうダメって言ったのに・・。


翌日のあたしは、足腰立たず、お邸中の晒し者。
着替えから、食事から、全てをメイドさんのお世話になった。
あいつは、飄々と仕事に出かけちゃって。


ホント・・・ありえないっつーの!!!


そりゃあね。
あたしだって・・・その・・良かったんだよ。
初めだったんだもん・・気持ちいいって感じたの。
もう、痛くなんてなかったし。
道明寺を受け入れてあげられて、すごく嬉しかった。

でもね・・・
限度ってあるよね?
四回っていってもね。
抜かずに四回だよ?
休憩なしだよ?
エンドレスだよ?

こんなの毎晩してたらねー。
はっきりって、死ぬよ?


だから、あたしは、恥を忍んで作ったの。
____結婚契約書。

『夜の営みは、一晩一回に留めます。』



***



俺は我が目を疑った。

「これは、何だ?牧野。」
「何だって、見た通りだよ。」
「何でだよ。お前だって、結構、ノッテたじゃねぇかよ。」
「うっ・・・。」
「気持ち良かったんだろ?」
「うっ・・。そっ・・それはそーだけど・・・。だけど、やり過ぎなのよ!」
「はぁ?」
「あんなにされたら、あたし、生活できないからっ!」
「だからって・・これは何だよ。」

「だから・・一晩、一回まで。それが守れないなら、結婚しないんだから!」

はぁ?
何言ってんだよ、この女は。

そりゃ・・一昨日の晩はやり過ぎた。
反省は・・してる。
でも、そりゃ、仕方ねぇだろ?
好きな女をイカせて、俺自身もイカされて、止められなかったんだ。
俺だって・・・お前が初めてなんだぜ?


一晩、一回って何だよ。
そりゃ、守れっつーなら守るぜ。
けどよ。
そーいうことって、そーいうもんじゃねぇだろう?
好きで、好きで、止まれないことだって、あるんじゃねぇの?
俺がお前のことを、止まれないぐらいに愛してるって、どうして分かってくれねぇんだよ。


「だってさ・・。やめてって、もうダメだって、言ったじゃん。それなのに・・・。」

それは、確かに悪かった。
嫌よ、嫌よも・・とか思った、俺が迂闊でもあった。
けど、たった、一回の過ちで、この契約書にサインする訳にはいかねぇ。


だいたい、俺は、本来、我慢の利く男だ。
お前をを抱くのに4年も我慢したんだぜ?
愛するお前のためなら、どんな我慢だってできる男なんだ。


それを信じてもらいたい・・・。


「この契約書は保留だ。お前が、俺を信じてくれなきゃ、結婚だってできねぇだろ?」
「道明寺・・・。」
「一昨日の晩は悪かった。俺は、すげぇ幸せだったから、お前も同じだと思ってた。けど、俺は、お前に無理強いなんてするつもりはねぇよ。お前に、求められる男になりてぇんだ。だから・・、お前がいいっつーまでは、お前に手は出さねぇ。」
「え・・?」


「でも、お前と結婚するのは、俺の夢だ。4年間、ずっとそれだけを目標に頑張ってきたんだ。そこは、譲るつもりはねぇ。」
「う・・ん。」


「なぁ、牧野。結婚しようぜ。」


そう言って、俺が牧野に渡したのは、一枚のチケット。

それは、日本からホノルルまでの、クルーズ船のペントハウススイートのチケットだ。
超豪華客船の最上級の部屋。
これに乗って、一緒にハワイに行こう。
そして、向こうに着いたら、結婚式を挙げよう。


「道明寺・・・。」

「俺は本気だ。お前が手を出すなっつーんなら、手は出さねぇよ。俺を信じてくれ。それに、俺たち、一緒に旅行もしたことねぇだろ?実は、この船、ババァの奴が準備してたんだよ。結婚祝いだってよ。ハワイまでの8日間のクルーズだ。行こうぜ、牧野。」

お前が俺を求めてくれるまで、俺はお前に手は出さねぇ。
そりゃ、スキンシップ位はするけどよ、お前を無理に抱いたりなんかしねぇ。
だから、この船に乗れよ。
それで、ハワイに行こう。
そんで、俺の妻になれよ。
俺を幸せにしてくれんだろ?



「もし・・あたしが、あんたを求めなかったら・・どうすんの?」
「それでも、お前を逃すつもりはねぇ。」

「ま、あれだ。お前はいずれにしても、俺からは逃げらんねぇ。だから、行こうぜ、ハワイ。俺だって、指くわえて黙っとくって訳じゃねぇ。お前が、俺を求めずにはいられねぇ位に、いい男だってこと、見せつけてやるからよ。」


そう言い放ち、俺がニヤリと笑えば、
牧野も、プッと吹き出した。


「宣戦布告ね。やってもらおーじゃん。」
「おう。お前こそ、俺様の男前っぷりに速攻白旗あげんなよ!」


一晩一回までなんつー契約書は必要ねぇ。
お前が俺を欲さずにはいられなくなる位に、俺が最高の男だっつーことを証明するぜっ!
覚悟しろよっ、牧野!



そうして、2日後、
俺たちは、超豪華客船『Be Happy!』に乗り込んだ。


第10話(終)








第10話 終了しました!
やこさん、Asuさんと続いた濃厚Rの流れ・・・。
ここにきて、ドンデンきましたよ。結婚契約書!

でもねぇ。司に求められるんなら、何回でも受け入れてあげなよーつくし・・とか思うのは、やっぱり司派だからなんですかねぇ(笑)。

司派としては、ここでつくしちゃんの言いなりになる訳にはいきません!
司のかっこいいとこ見せつけてもらいましょっ!(って、プレッシャーだぁ。)

ってことで、続きをどうぞよろしくお願いしまーす!蘭丸さーん!

続きは、今日から3日以内に、蘭丸さんのブログサイト『Everything*Love (司とつくしの物語)』に掲載されます。

是非、続きを読んでくださいね!


にほんブログ村
  1. つかつく♥コラボ『ガチリレー』
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

こんばんは。
バタバタしていて、ガチリレーのあとがきが書けずにいました。


さてさて、ガチリレー、いかがでしたか?
他のメンバーさんも呟いていたように、書いている私たちメンバーはとても楽しくやらせていただきました。
特に1周目は本当のガチ。お話はもちろんのこと、順番も。
私は、スターターだったので、スタートする日も私が勝手に決めると言うことに(笑)。
そして、事前告知も、私のサイトだけという、超手抜きコラボでした(笑)。
でも、こういうことって、勢いも大切だし、何より、普段あまり交流のないつ「つかつく」書き手さんと濃厚な2週間を過ごせたことは、とても楽しい思い出となりました。
最後まで付いてきてくださった皆さん、本当にありがとうございました!



さて・・・
ここから回想しつつ、感想を・・。

私がちらりと『ガチリレー』と呟いたことから、速攻で、ガチリレーが決定。
その間わずか1時間もない。
そして、すぐに、アミダくじでスターターと決定。
うひゃーっ!

焦って、約1日でお話を考えました。
この時点で、私的にはですね~。
結構分かりやすいゴール設定を目指したつもりでした(笑)。
ほら、デートして、Hして、ハワイでゴール!みたいな??

ですが、さすがはやこさん!
第二話はどうなるかと思ったら、まさかの連日、ヒリヒリ(笑)。
笑いました。

ローションが出て来たり、途中、「どうやってつくしをイカせるか!」という方向に流れ(笑)。
誰もデートなんて書きゃしない(笑)。
きぃさんが、なんとかおうちデートで、デートをクリア。


そして、後半に入ると、さすがに順番決めよっか・・・とアミダが再登場。

やこさん、Asuさんと続いた濃厚Rの後の自分の順番。
ひぇーっ。どうしようっ。
しかも、契約書って何??
と戸惑いました。

で、自分の第10話を投稿した時点での私の予想は・・・

きっと後半メンバーが、司のカッコいいシーンを演出して、R解禁へ持ち込むに違いない!そうすれば、ハワイで終了!
と目論んでいたのですが・・・

やはり、このメンバー。
一筋縄ではいきません。
次の蘭丸さんは、司のモンモンかよ!っと、笑っちゃいました。


因みに、単純な私の考えたその後とは?(注:完全な私的妄想です。)
① 豪華客船「Be Happy!」で、優雅な時間を過ごす中、超カッコイイ司と一緒にいるだけで、妬みの対象になるつくし。
② そんな中、つくしがわざとプールに落とされる。
③ 慣れないヒールのせいで、足がつってしまうつくし。
④ そこへ、上着を脱いだ司が、上半身裸でカッコよくプールへ飛び込む。(このあたりは、きぃさんと類似。)
⑤ 超絶カッコよく、つくしを救出!そして、脱いだ上着をつくしに掛ける。
⑥ 上半身裸の司に、つくしドキドキ。
⑦ 「道明寺・・ありがとう。」「何度だって助けてやる。俺はお前に、めちゃくちゃ惚れてっから。」
⑧ つくしから誘う濃厚R。
⑨ 契約書は破棄。
⑩ ハワイでお決まり、ウエディング!

と言う感じでしょうか・・・(笑)。
(この場合、司をいかにカッコよく書くかがポイント!)
やっぱり、ワンパターンだな、こりゃ。
副編集長とか、自分一人じゃ、絶対に出てきませんね!
ローションもだけど(笑)。


で、リレーの方は、lemmmonさん、キックバックの蘭丸さん、きぃさんとナイスアシスト!
ラストは、komagic!で素敵な終了となりました。
パチパチ・・・!!



このリレー。
みんなで、何する?と始まって、私は初めは別な企画を提案していたんですね。
私的には、そちらにも乗り気で(笑)。
その途中で、またもや私がポロリと「ガチリレー」と呟いたら、本当にそうなっちゃったんです。
なので、なんとなく、責任を感じてもいた(笑)。
で、無事に終了できて良かった!です。


それから、初めは途中経過を更新していたのに、途中から、アワアワで忘れてしまっていて、終了後に更新しています。ごめんなさい。


また、いつか、『つかつく』の企画ができたらいいなぁと思いながらの終了でした。
楽しいひと時、メンバーのみんな、そして、読者の皆さん、ありがとうございました。


INDEXはこちらへ。
ガチリレー INDEX
  1. つかつく♥コラボ『ガチリレー』
  2. / comment:3
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

 

プロフィール

Author:Happyending
ときどき浮かぶ妄想を書き留めたくて始めました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -