With a Happy Ending

その後の二人のエトセトラ 2

2
つくしがニューヨークへ来てから半年が経ち、俺の両親も結婚に何の反対もなく、むしろ、早く結婚したらいいのにと言われていた。渋っていたのは、つくしぐらいなもんだった。そんな状況だったから、俺の方は、いつでも入籍できるように、準備は万端だった。つくしの両親には、つくしの渡米前に挨拶をし、結婚を前提にニューヨークへ行かせる事を、彼女の婚約者、そして道明寺家HDの支社長として、頭を下げた。「そんな・・頭を上げ...