With a Happy Ending

Switch 18

4
牧野の弟が、静かに部屋を後にした。俺は牧野の髪にキスを落とし、まじまじと彼女を見つめる。俺の胸に頭を乗せて眠りこけている牧野。色白で肌理が細かい肌。赤い唇。牧野の頭を腕に乗せ、おはようのキスをする。起きねぇかな・・。何度もキスを繰り返していると、牧野の眉間に皺が寄った。「ん・・・。」俺のキスから逃げるように、俺の胸に鼻を押し当ててくる。たまんねぇ・・。大体、弟が帰るまで待つとは言ったものの、本当に...