花より男子の二次小説。CPはつかつくonlyです。

With a Happy Ending

こんばんは。Happyedingです。
少し怖い司くんからのスタートになります。
ちょっとだけご注意を。
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆





Eternal ー永遠の・・ー


永遠にお前は俺のもの。
お前は俺の全て。
何処にも行かせやしない。
例え、お前がそう願ったとしても・・




***



「・・っ!道明寺っ・・・やめてっ!」
「・・・・・。」

俺は牧野の左腕を強く引き、豪華なスイートルームの応接間を抜けた。
毛の長い絨毯に牧野が足を取られそうになっても、気がつかないふりをして引きずっていく。
向かうのは、ベッドルーム。

彼女の顔が引きつっている。
俺が、今から何をしようとしてるのか。
分かっているんだろう。


「やだっ!離してっ!嫌っ!」

彼女がどんなに叫んでも、俺は足を止めなかった。
無言でベッドルームの扉を開けた。
中には豪華な作りのキングサイズのベッドが一台。
そのベッドに彼女を放り投げた。

ボフンッとバウンドし、その高級なマットレスに牧野が倒れこむ。
彼女はすぐに起き上がろうとしたが、俺はその隙を与えず、彼女の上にのし掛かった。



___お前が悪い。
俺はずっとお前を想っているのに。
俺を忘れようとするお前が悪んだ。



「道明寺。どうしたの?こんなこと、やめて。」
「何で?」
「な・・なんでって。私は・・・。」

「結婚するからか?」

俺は牧野の左手をつかんだ。
その薬指に収まっているダイヤの指輪を牧野に見せつける。

「他の男と結婚するからか?」
「ちっ・・ちがう。そうじゃない。私達、今日5年ぶりに会ったんだよ。それなのに・・。」

牧野がベッドの上の方へと逃げていく。

「別に構わねぇだろ?もう、あの頃のお前じゃない。他の男とも・・してんだろ?」
「何・・言ってるの・・?」


俺がずっと大切に想ってきた牧野。
この5年。
一度も忘れたことなんて無かった。
いや、忘れたくなかった。
こいつも、俺のことを忘れてないと信じてた。


「俺を捨てて、結婚なんて許さない。」
「捨てるだ・・なんて・・・」
「そうだろ? 」
「違うよ・・・。」
「何が違うんだよ。」
「だって、あの時は・・・」



5年前のあの雨の日。
俺はこの女に捨てられた。
俺が生まれて初めて好きになった女だった。
好きで、好きで、どうしようもなかった。
夢中で追いかけ回した。
振り向いて欲しかった。
そして、やっと振り向いてくれた、
そう思った・・それなのに・・


「お前は俺のもんだ。」

逃げようとする牧野をベッドヘッドへ囲い込んだ。
ゆっくりと牧野の首筋に歯を立てる。

「いっ・・つっ・・」
そしてきつく吸い付いた。
俺の証を残す為。

牧野のブラウスのボタンを外していく。
俺を止めようとする彼女の両手首を纏めて頭の上に留めた。
5年前よりも丸みを帯びた胸が露わになる。
白いブラジャーのホックを外した。
真っ白な胸。
ピンク色の頂。
その柔和な双丘には誰の痕も残されてはいなかった。


「道明寺・・やめて・・・」

震えた牧野の声。

止めない。
絶対に。
こいつは、俺の女だ。
誰にも渡さない。

俺は5年前とは違う。
こいつを守るだけの力を付けてきた。
こいつを手に入れる為だけに生きてきた。


俺はゆっくりと彼女の頂を口に含んだ。
「あっ・・」

柔らかくて、甘い。
初めて直に感じる女の素肌に鳥肌が立つ。
俺から逃れようともがく牧野の胸を執拗に舐め回した。

「ううっ・・あっん・・・んっ・・・はぁ・・」

だんだんと彼女の声色が変わる。
俺の愛撫に応え出した。
そっと大腿に手を沿わせ、ゆっくりとショーツの中に指を入れた。

ビクッとする牧野。
きつく足を閉じようとするのを、俺の膝でこじ開けた。

___逃さない。

ヌルリとした感触が指を伝う。
俺は思わず笑みを漏らした。

「濡れてんな。」


「お願い・・やめて・・・・あっ!」

指を入れた。
牧野の中に。
女の中に・・・初めて・・・。

「お願い、お願い・・やめてっ!」


どうして?
他の男ともやってんだろ?

グリグリと中をかき乱す。
牧野が顔を左右に振った。

「嫌だ・・道明寺・・・やめて・・・」


ぐちゃぐちゃになった牧野の顔。
その顔にも唆られる。

俺を憎めばいい。
憎んで、憎んで、忘れられなくなればいい。
俺を忘れて、他の男と一緒になるなんて許さない。


牧野の中に指を2本入れた。
想像よりもキツイ牧野の体内。
これで俺のモノが入るのかと心配になるが、止めたりしない。
中と蕾を刺激しながら、牧野の胸を甘噛みした。

「あっ・・あっ・・・ああっ・・!」

固く強張った牧野の体が、ゆっくりと弛緩していく。
全身の力が抜けたところで、両手首を解放してやった。

牧野の中から指をを抜き、彼女の目の前でねっとりと舐める。
荒い息を繰り返す彼女は、じっとそんな俺の姿を見つめていた。


俺は、ゆっくりとシャツを脱ぎ、ベルトのバックルを緩める。
抵抗の無くなった牧野の服を全て脱がせて、俺もパンツを脱いだ。

互いに一糸纏わぬ姿。
初めて見る、牧野のしなやかな肢体に目を見張る。

この5年。
どんなにこの女が欲しかったか。
きっと、こいつには分からないだろう。


その刹那、俺の目に飛び込んできたのは、牧野の左手。
牧野が左手で左耳を触った。


なぁ。
そのダイヤは誰にもらった?
その男を愛してるのか?
そいつに、愛してると囁いたのか?

俺はそいつを殺してやりたい。
俺の牧野を汚した男を許せない。

そして、俺以外の男を受け入れた牧野も許せなかった。


だからと言って、牧野は手放さない。
他の男になんて渡さない。


俺はお前を逃さない。
お前は俺のものだ。
未来永劫に。


「道明寺・・・?」

俺は笑っていたのかもしれない。

今から、こいつを手に入れる。
俺の全てを注ぎ込む。
永遠に俺から逃げられないように。


俺は、牧野の体をベッドに横たえた。
そして、ゆっくりと彼女の体を折り曲げて、
彼女の中に沈み込んでいった。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

いつもたくさんの応援をありがとうございます。
短編の予定です。
スポンサーサイト

  1. Eternal
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

 

プロフィール

Author:Happyending
ときどき浮かぶ妄想を書き留めたくて始めました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -