With a Happy Ending

イベントのお知らせです♥

4
花束を君に〜21の翼〜異種CP21人の二次作家によるイベントを開催します♬こんにちは、Happyendingです。すでに多くのサイト様で告知が上がっていると思いますが、異種CPの書き手が集まった大規模リレーが始まります。異種CPって・・・?つかつく、類つく、総つく、あきつく、4CP全ての書き手さんが集まっているんです!恐らく、花男二次至上最大規模ではないかと思います。そんな記念すべきイベントにお声かけいただき...

恋のスパイス 18

4
私は昨晩、本当に眠れなかった。今日、社長に言われたことの意味を考えていて・・・。1つ目は・・・専務が女性に興味があるのか、無いのか?専務には、本当は恋人がいるのかどうか?それが、もし分かったとして、それを社長に報告したら、専務は困るのかな?2つ目は・・・もしも、専務が女性に興味がないならば、そんな専務のプライベートを、本当に社長に報告できる?3つ目は・・・恋人がいないのなら?___あの、楓社長の言葉...

恋のスパイス 17

4
「それでね、実はもう一つ。あなたにお願いしたいことがあるのよ。」こんなにご機嫌な楓社長を、未だ嘗て見たことが無かった。「何でしょうか?」何となく身構えちゃうよ。「司の、女性関係についてなんだけど・・。」ん?専務の・・女性関係?私は首をひねった。明らかに、話の流れが変わってる。「司には、今まで恋人と呼べる人がいたことがないの。」「・・そうなんですか。」「そうなると、どうしても問題が出てくる。」「問題...

恋のスパイス 16

4
「牧野、ここへ掛けて貰える?」「は・・い。」私は、お盆を両手に抱えたまま、楓社長の向かい側に座った。初めて座る、社長室の来客用ソファー。ここへ座る人の緊張がよく分かる。真正面の同じ高さから、社長が私を見ているんだもの。緊張しない訳がない。「専務・・いえ、ここは、司と呼ぶわね。」「・・はい。」「司は今まで、数回しかパートナー同伴でパーティーに出席したことが無いの。どうしてだか分かる?」「同伴の必要が...

恋のスパイス 15

4
約束の15時ジャスト。俺はノックをしてから、母親である社長の執務室へ入った。今現在、問題の上がるようなプロジェクトは扱っていない。だから、本来、ここへ呼び出される理由なんてないはずなのに、一体なんの話だ?という警戒をしつつも、俺の目的はただ一つだ。牧野を俺のパートナーにする!「司さん、時間丁度ね。そちらへ掛けて。」「失礼します。」親子とはいえ、会社での上下関係は明白。というよりも、幼い頃から母親とも...

恋のスパイス 14

6
セントラルパーク内の湖沿いに置かれた木のベンチに牧野と並んで座った。「本当にごめん。凄く恥ずかしい・・。」「いいから食おうぜ?俺のどっち?」「ん。こっちがサーモン。はい。」牧野に手渡しされたサーモンサンド。一口食べてみると、まぁまぁイケる。「どう?美味しい?」と、心配そうに牧野が聞くから、「まぁまぁだな。」と応えてやったら、こいつがすげぇ嬉しそうに笑った。「あのカフェ、よく行くのか?」「うーん。最...

恋のスパイス 13

4
体が自然に動いた。俺は牧野の肩に手を回し、自分の方に引き寄せていた。「うわっ。」と素っ頓狂な声を上げる牧野。首を大きく仰け反らせて俺を確認すると、「え・・」と小さく呟いて絶句した。「せっ・・専務っ!」そんな俺たちを見て、隣にいた男がぱっと牧野から距離をとり、姿勢を正した。「何の話だよ?」自分の予想以上に低い声が出た。俺の腕の中で牧野がびくっと震えるのが分かったが、どうしようもねぇ。男を軽く睨んでや...

恋のスパイス 12

6
専務が立ちあがった反動で、私が座っていた座面がボワンッと跳ねた。それで、コーヒーを取ろうとした私が前につんのめりそうになったのを専務が片手でキャッチしてくれたんだ。びっくりして、ぱっと専務を見たら、もう目の前に専務の顔があった。驚くのも当然でしょう?片手で抱きとめられた姿勢だったし。その相手は専務だし。だから、思わず突き飛ばしちゃった。本当にビックリして、反射的な行動だった。そうしたら、専務が床に...

恋のスパイス 11

5
専務にメールを入れて、その返事を待ちながら、来週のA社との会合の資料を確認していた。私にとっては今までで一番大きな商談になる。楓社長には絶対に迷惑をかけたくないから、準備に手落ちは許されない。でも、笹山部長が言うように、身なりも大切だって事が、今日よく分かった気がする。グループの社長である道明寺楓の秘書としての自覚の問題。以前は内勤だったから無頓着すぎたのかも知れないけど、この会社の社長秘書として...

恋のスパイス 10

3
私のクローゼットの中いっぱいに収まった洋服たち。スーツが10着もある・・。インナーは色違いも含めて20着。靴が3足と鞄が3つ。アクセサリーが・・・やだ、これダイヤだよ。それに、ドレスやワンピースは必要ないよね?多すぎるよ・・・多すぎる。友達だからなんて言うけど、そのレベルは遥かに超えてるし、例え恋人だったとしてもこんなプレゼントはないでしょ?どうしよう・・・。今日袖を通してしまったドレスはこのまま頂く約...