Happyending

Happyending

お姉さんが帰国してから、淑女レッスンはパワーアップした。
より実践的にということで、お姉さんと一緒にパーティーに駆り出された。
大学3年になり、ゼミも忙しくなっていて、バタバタ状態だ。
あう~。体がもたないかもっ!
でも、今までお邸で受けていたレッスンの成果なのか、パーティーが思ったほど苦ではない。
話かけられても、何とか会話ができる。ダンスは苦手だけれど、一通りはできるようになっていた。

「牧野、きれいになったな。」
「まあ、俺らがテコ入れしてんだから、当然だろ?」
「牧野は前からかわいいよ。」
なんて、F3が囁く。

『今の牧野なら、司、惚れ直すな!』


来月、道明寺が一時帰国することになった。
でも、うれしい反面、あたしには不安がある。
あたしは今、道明寺の婚約者ってことになっている。
でも、あいつはあたしのことは知らない。初めて会う人だ。
正確に言えば、事故の後、何度か会っているんだけれど、ほとんど会ってくれなかったし、覚えてくれているかどうかも分からない。

そんなあいつに、どうやって会えばいい?
いきなり婚約者だとか言って、あいつが受け入れられる訳ないよね。

あたしは・・・
道明寺の記憶がなくっても、道明寺に会いたい。
会って、あんたが好きだって言いたい。
あたしのこと、また好きになってほしい。
お前じゃなきゃだめだって、抱きしめてほしい。

どうすればいい?
どうしたら、道明寺はあたしのこと好きになってくれる??

だいたい、道明寺はあたしのどこが好きだったのかな?
足蹴りしたり、パンチしたり?いきなりそんなことしたら、キレるよねぇ。

あぁ、ダメだぁ。どうしたらいいか分かんないよ。

「牧野はそのままでいいと思うけど?相変わらず、考えてることダダ漏れだよ。」
「そうですよ、花沢さんの言うとおりです。だいたい、道明寺さんは先輩の見た目で惚れたわけじゃないんですから、先輩の思うとおりに動いたらいいんですよ。」
「桜子・・・」
「でもさ~。つくし、綺麗になったよ~。滋ちゃんも惚れちゃう!」


もうすぐ、道明寺が帰ってくる。
あたしはドキドキが止まらない・・・・




次こそ再会させます。
お待たせして申し訳ありません。
関連記事
Posted by

Comments 1

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/30 (Tue) 21:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply