花男の二次小説になります。つかつくonlyです。

With a Happy Ending

こんばんは。happyendingです。

いつもたくさんの応援、ありがとうございます。
先日のあとがきにも、多くのコメントを寄せていただき、うれしかったです。


そして、その中で伺っていた、コメントに対する返信について、たくさんのお返事を頂き、大変参考になりました。結論としてなのですが、やはり、これからも、今まで通りの方法で書かせていただこうと思います。
今まで通りとは?コメント欄に、コメント・拍手コメントの両方に対してのお礼をするものです。
個人を特定してのお返事ではなく、皆様まとめてになりますが、例えば、「このコメントにはこちらからぜひ返信を書きたい」といった場合には、そのコメントを引用するような形で返信したいと思います。(今までも何度かそうしていましたが。)
まとめてのお返事をする理由は、やはり時間のなさ。できるだけお話の更新を優先したいという思いからです。

ハンドルネームについても、伏せ字であっても、公開はあまり希望されない方もやはりいらっしゃるようです。ですので、すでに公開コメントであるとか、特別な場合をのぞき、ハンドルネームを指定してのお返事はおそらくしません。これはっと思うことは、頭文字一文字とか、内容文の引用で、ご本人様には分かるようにできるかなと思います。
お一人ずつへ返信を控える一番の理由はこれになります。
ですが、もし、「これに対しては返事欲しい!」という場合には、お返事しますので、どうぞご遠慮なく書いてくださいね。
私も、こっそりしていたい、けど、応援や感想を一言述べたいっていう時があります。なので、こっそりしたい方も、気が付いたことなどあれば、気楽にコメントを頂けたらうれしいなと思います。

それから、公開コメントと、非公開コメントがありますよね。公開されている場合には、お返事が書きやすいのですが、基本的には皆様のコメントを同等に扱いたいと思いますので、公開の場合だけに個人様あてにコメントすることは恐らくしません。が、公開であるだけに、一言コメントがしやすかったりもするので、まとめての返信の中に、ちょこっと名前を使ったりはするかもしれません。ご了承ください。

それから、メールアドレス付きの拍手コメントを頂くことがあります。拍手コメント自体が、「面白かったよ!」ぐらいの短いコメントであることが多いですので、おそらく、このアドレスへの返信は期待されていないのだと解釈しています。もしも、お返事がほしいよ~という場合には、そのアドレスへお返事をおくることは可能ですので、おっしゃってくださいね。

それからあまり見かけないのですが、URL付きまたはメールアドレス付きのコメントもあります。
(というより、FC2のコメント欄からは、URLを付けたり、メアドを付けたりできます。)
なので、それが書かれていれば、返信ご希望があれば、非公開のコメントであっても、そちらへコメント返しはできるはずです。ただし・・自分の個人的なメアドを載せる人はきっとあまりいないですよね。ブログを持っている人であれば、そのURLを載せればそのサイトに飛んで、メッセージが打てるのかも知れないです。それも、相手側の設定にもよると思います。実は、FC2のヘルプにそう書いてあるだけで、わたしはこのお返事をしたことがないので、あまり詳しくは分からないのですが・・。非公開にしておけば、他人にメアドが公開されるようなことはないはずです。

ということで、結局ほとんど今まで通りになりますが、
懲りずに遊びに来ていただけるとうれしいです。

(あと、個人的な件なのですが、先日コメントを頂いた中に、恐らくyahooブログのブロガー様じゃないかなと思われる方がいらして、その方のサイトにコメントを入れようかと思ったのですよ。けれど、yahooブログはyahooにログインしていないと非公開のコメントはできないみたいですね。yahooにログインしてしまうと、ハンドルネームが決まっていしまうみたいで、happyendingではコメントできないみたい。なので、結局コメントはいれられず。こそこそコメントするのって結構難しいんだなと知りました。ホント余談ですみません。)



最後になりますが、
「My Daddy-Long-Legs」読んでいただけていますか?
今まで書いていたお話と、文体が違いますので、戸惑われた方もいらっしゃるかと思います。
苦手な方は読まれていないかな?

このお話は、2か月ぐらい前に、「初恋」を書いていた頃、お話の展開が切ない時にもう少しHappyなお話をと求めて書いていたものです。その時には、公開を意識していなかったので、一度三人称形式で書いてみようと思い立ち、そうしていました。三人称とは、主人公を第三者の目線から書くような文体です。完璧な三人称というのは実際には難しいと思いますが・・・。
私の今までのお話は、つくしや司の目線で書く、一人称形式で書いていました。そのお話と比べるととっつきにくいかなと思います。慣れれば、もっと上手に書けるのかもしれないのですが。実際、他の作家様を見ていると、三人称形式の作家様も多くいらっしゃるわけですので。しかし私は・・・このお話でしか使わないのではないかな、三人称。。。なんか、サスペンスみたいで、恐いんですよ。何でこうなっちゃうかな~と反省の日々。

このお話で時間稼ぎをして、次のお話を考えようかと思っていましたが、考えが甘かったようで、結局こちらのお話の直しに時間がかかって、何も先が決まっていません。わお~、目論見と違うよ~と泣きたいです。

今、半分以上直しが進みましたが、恐らく、エピローグまで入れて、12話になりそうです。(気が変わって前後したらすみません。)

そして、これ・・もしかしてちょっと切ない系??
私は結構ラブラブと思って書いた記憶があったのですが。。。
どうしてかな。
ですが、最後はHappyendingまでもっていきますので、また引き続き応援よろしくお願いいたします!


この長文、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

  1. お知らせ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

Author:Happyending
ときどき浮かぶ妄想を書き留めたくて始めました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -