Happyending

Happyending

道明寺が帰国して、1週間がたつ。
あたし達に進展は・・・あんまりない・・・

道明寺の仕事はやっぱり忙しいみたいで、朝は7時半に出かけてしまうし、
夜は11時過ぎに帰宅する感じで、なかなかゆっくりする暇はないみたい。

それでも、あたしはあたしなりに頑張っている。
もともと早起きのあたし。
6時過ぎには道明寺を起こしに彼の部屋へ突入!
始めは驚いていたようだけれど、もともとメイドのいる生活だったからか、すぐに慣れたみたい。
彼がシャワーを浴びている間に、今日のスーツとシャツ、タイを準備する。

朝食は一緒にダイニングでとる。
天気の良い日は、テラスに準備してもらい、二人でサンドイッチを食べた。
たわいのない会話をして、7時半には道明寺を見送る。

道明寺の帰宅はほとんど11時過ぎ。
本当は、待っていて、少しでも会いたいんだけれど、
あいつから、「待ってなくていい」と言われてしまった。
はぁ。
少しでも会いたいと思うのは、あたしだけなんだなぁ。


**********


帰国した翌日、深夜に邸に帰ると、
牧野が玄関で俺を出迎えた。
「おかえりなさい。」
「おう、待ってたのか?」
「うん。」

・・・
短い会話を交わしながら、俺の部屋へ歩く。
何故かそのまま、あいつが俺の部屋に入り、スーツやタイを片付け始めた。
「今日は、結構暑かったよね~。」
なんて、呑気なことを言っている。

おいおい。
もう深夜だぜ。
これって、そっ、そういうことか?
お前、その気ってことだよな?

やべぇ。今まで、女に反応しなかったのに、やばいことになってきた。
マジで、やばい。
でも、まあ、こいつは俺の婚約者なんだし、まあ、そういうこともありなのか?
どうせ、結婚するんなら、別に抱いたって問題ない・・

頭に血が上って、牧野を捕まえようとしたその時、
スーツを片付けた牧野が一言。
「じゃあ、おやすみ、道明寺。ゆっくり休んでね。」

・・・
はぁ??マジか??
これって、ありなのか?

あいつ・・・天然か?
ありえねぇだろうよ、この状況・・・

俺は頭を抱えて、冷たいシャワーをこれでもかっと浴びまくり、火照った体を鎮めた。


それで翌朝、このバカ女に言ってやった。
『夜は遅くなるから、出迎えなくていい。早く帰れる日には邸に連絡をいれる。』

あいつのキョトンとした顔に、苛立つ俺。
女なんて興味なかったはずなのに、牧野を見ていると抱きしめたくなる。

俺はどんだけ欲求不満なんだよ!!




たくさんの拍手、ありがとうございます。
関連記事
Posted by

Comments 1

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/01 (Thu) 09:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply