花より男子の二次小説。CPはつかつくonlyです。

With a Happy Ending

あれから、道明寺との関係は、すこぶる良好!

道明寺邸で行われたレッスンのおかげもあってか、自分にちょっと自信がついたみたい。
道明寺の隣にいても卑屈になることなく、堂々としていられるようになった。
高校生の時では絶対にできなかったことだ。
もちろん、外見が変わったわけじゃないから、
いきなりスタイル良しの美人さんになったわけでもないんだけれど、
なんていうか、自分に似合う洋服が分かっているだけで気後れしないし、
メイクの練習もしたから、ナチュラルだけれど、肌ツヤよくみせられたり、
ちょっとした所作も人から見られて困ることはあまりなくなって、
ストレスが減ったって感じかな。

いまだに、高級レストランとかブランドショップはあたしの生活には必要ないものだったけれど、
道明寺が行きたいといえば一緒について行っている。
彼の好きな服とか、彼の好みとかを知るのも嬉しかったし、
できるだけ、一緒に過ごせる時間は一緒にいたいと思った。


でも、あたしが道明寺の洋服なんかを一緒に見るのは楽しいんだけれど、
逆に、道明寺があたしに服を見立てようとするのはなんか照れちゃう。
っていうか、そもそも洋服のプレゼントなんかいらないんだけれど、
選んでいるときのあいつが、すっごく嬉しそうだから、つい着せ替え人形になってしまう。
ショップのお姉さんたちの反応も気になるから、本当に肩身が狭いんだけどねぇ。
あいつは全く気にしてないのは、昔から一緒。
それに、やっぱりあいつセンスいいんだよね。
こんなの似合わないよって思っても、案外着てみたらしっくりきたり。
やっぱり生まれながらのお坊ちゃんだから見る目があるのかな・・・。


そういえば・・・
高校生の時から、道明寺はすぐにあたしにプレゼントをしたがっていたなぁ。


でもねぇ、洋服はまだいいの。
最近困っているのは、
道明寺があたしにジュエリーを与えたがること。
これがまた桁外れに高価なものばかりで。
桜子や滋さんは、道明寺にとっては大した額じゃから、
遠慮することないっていうけれど、やっぱりそんなのもらえないよぉ。
けれど、それもあいつに言わせれば、
「惚れた女にプレゼント渡して何がわりぃんだよ。」
ってことらしい。

どこかで聞いたセリフだ・・・


あの土星のネックレス。
あたしは今でも大事にしている。
基本的には毎日つけているけれど、胸元が見えるような洋服を着るときにははずしている。
だって、高校時代のあたしと道明寺の大切な思い出なんだもん。
みんなに見せる必要なんてないよね。
夜寝る時も、髪の毛が絡んでしまうことがあるから、お風呂の前にはずしている。
だから、ネックレスの存在は、道明寺はあんまり気づいてないんじゃないかなぁ。




牧野を初めて抱いた日から、俺の日常は一変した。
毎日が楽しい。
いや、仕事は相変わらずきついけど、邸に牧野が待っていると思うだけで、やる気がでる。

帰りは待っていなくていいと言っていたのだが、牧野は必ず起きて待っている。
俺を待っている・・というよりは、ゼミの課題とかレッスンの宿題とかで忙しいらしいが。
俺は帰宅して、シャワーを浴びた後、速攻で牧野の部屋に行くことが日課となった。
抱きしめる牧野から漂う香りは、俺のシャンプーの香りと同じだ。
そんなことがたまらなくうれしい。
キスをするうちに煽られて、そのままベッドになだれ込む。
「いやだ、いやだ」と言いながらも、最後には必ず俺に体を預けてくる。
牧野がかわいくて仕方がない。
そんな幸せな毎日。



だが、少し気になることがある。
初めて牧野を抱いた日に身に着けていたネックレスだ。
その後も時々見かけるんだが、それなりに高価なものだ。
あいつが自分で買う訳はない。
誰かからのプレゼントか?
もしかして・・男か?
悔しくって、そんなことを聞くことはできない。
俺は小さな嫉妬にかられて、牧野をジュエリーショップに誘うが、あいつは喜ばない。

なんだよ、俺からのプレゼントは受け取れねぇのかよ。
惚れてる女にプレゼントをやって、何がわりぃんだよ。


けれど、こいつは高校の時からずっと俺のことがすきだったんだ。
それを聞いて、俺がどれだけ幸せだったか・・
なぁ牧野、お前も幸せを感じてくれているよな?

俺は、初めて手に入れた幸福に、有頂天になっていた。




にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

  1. あなたに会いたくて
  2. / comment:3
  3. [ edit ]

>ふじや寿様

  1. 2016/09/07(水) 21:04:35 |
  2. URL |
  3. happyending
  4. [ edit ]
コメントありがとうございます。
先ほど22話をアップしました。
短くてごめんなさい・・・。

1日1話はと思ってはいるのですが、仕事も忙しく、もしかすると1日スキップしてしまったりはあるかも知れませんが、気長にお待ちいただけるとありがたいです。

必ず完結させますので!

  1. 2016/09/07(水) 18:34:35 |
  2. URL |
  3. ふじや寿
  4. [ edit ]
なんだか…キテますね…
司とつくし…何やら怪しい気配がするんですけど…
キャーッ!辛い場面で、何日も放置プレイだけはご勘弁ですっ笑
作品お待ち申し上げておりますっ*\(^o^)/*笑
キュンキュンっな展開こーいっ笑

管理人のみ閲覧できます

  1. 2016/09/06(火) 21:05:54 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

Author:Happyending
ときどき浮かぶ妄想を書き留めたくて始めました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -