花男の二次小説になります。つかつくonlyです。

With a Happy Ending

4月3日 月曜日。
東京メープルの入社式の日。

『社会人としての第一歩を踏み出した皆さんを、我々は心より歓迎します。』

檀上に立ち祝辞を述べるのは、司さん。
どこから見ても、完璧な容姿。
艶のあるバリトンボイスに、会場内からの溜息が聞こえる。

それをメープルの大ホールから見つめるあたし。
何故、あたし達の入社式で、司さんが祝辞を述べているのか・・
ううん、ちがう。どうして、道明寺ホールディングスの入社式に、あたし達、東京メープルの新入社員まで混ざっているのか・・・




時をさかのぼること、30分前。
小ホールに集まったあたし達新入社員は、すでに着席して、式の開始を待っていた。

その時に、バタバタバタっと凄まじい足音。
走り込んできたのは、総務部長。
「皆さん、すみませんが、すぐに移動します。」
はぁ、はぁ、と息を切らしている。
なにごとっ??

「急遽、道明寺ホールディングスとの合同入社式になりましたので、大ホールへ移動してください。」

「ええ~!?」
「何で、何で?」
「そりゃ、親会社だし?」
「そんなの、前からじゃない?」
とざわつく、あたし達。

「やだぁ、ちょっと、お化粧室で、メイク直させて!」
というのは、ブライダル部門配属の山崎さん。
元々美人なんだから、これ以上のメイクは必要ないと思うけど。
と思ったら、隣の涼ちゃんも、
「道明寺ホールディングスと合同なんて、一生の思い出になるよぉ。良かったね、マキちゃん!」
何て言う。

急なことに、あたしの頭もプチパニック。
騒めきながらも、小ホールから、大ホールへ誘導されていく。

____道明寺ホールディングス。
あたし達、東京メープルの経営母体で親会社。
そして、司さんが率いる会社。
いくら、東京メープルが100%子会社だからって、入社式まで一緒にするものなのかしら?

そんなことを考えていたら、後ろを歩く男性陣の言葉が耳に入って来た。
「ってことは、あの道明寺司に会えるってことか?」
「俺、あの人、すげぇ尊敬してる。ニューヨークでの仕事っぷりも半端なかったらしいし。俺と1つしか違わないのに、一体どんだけ才能あるんだろうな。」
「帰国してからメディアには殆んど出てないよな。」
「それでも、経済誌ではバンバン名前出てるし、間違いなく、今後の日本を牽引する男だろ。」
「すげーよなぁ。」


うっわぁ。司さん、やっぱり凄いんだぁ。
自分のことを言われたわけでもないのに、何故だか顔が熱くなるあたし。
あたし、彼の凄さを分かってなかった・・かも。
仕事もできるし、優しいし、ちょっと強引で困るけど、何気に完璧な彼氏じゃないの。
なんて・・やだやだ、あたしったら、何考えてんのよ。
だけど、あたしの恋人である「司さん」は、周囲からみれば、「道明寺司」という凄い男な訳で、そんな人があたしの恋人だなんて、今でも信じられない。
夢でしたって言われても、納得できちゃうぐらいに現実味がないのはホント。



メープルの大ホールに案内されると、会場には、すでに道明寺側の新入社員が着席していた。
日本支社のみで、この人数?恐らく500名は超えている。関連会社は別にたくさんあるはずだから、司さんはいったい、どれだけの企業を束ねているんだろう。
会場には、日本支社やメープル側の重役たちの席も設けられていて、なんだか緊張感が漂っている。
あたし達メープルの新入社員は、総合職は10名だけど、各部署専門のスタッフ入社が他に20名いるから、合計で30名。圧倒的な差。
向かって左側には、役員席。右側には、マスコミ席が設けられている。
うっわぁ。すごい。流石は、道明寺ホールディングス。


本当なら、あたしは、今日、新入社員代表の挨拶をする予定だった。
けれど、合同になったということは、あたしの出番は無いな。
ちょっと残念だけど、けど、こんなマスコミまでいる中で、スピーチなんて絶対無理だし。
あたしは、スピーチのことなんて、すっかり頭から消し去ってしまった。




司さんの祝辞が続いている。
うーん。やっぱり、司さん・・カッコいいかも。
あの目は冷たくて怖そうにみえるけど、ちょっと笑うと、目じりが下がるんだよね。
ちょっと、優越感?えへ。

『今年度より、我が道明寺ホールディングスは、東京メープルの企画経営に共同で乗り出します。それは将来のメープルを今まで以上に発展させるという目標のためです。今まで通り、メープル単独での経営であっても十分な利益は得られています。しかし、これからの東京に求められるものは何なのか、数年先、数十年先まで見据えた経営を考える上で、我が社と東京メープルが力を合わせることは有益なことと考えます。』

ん?んん?えっ?今、何て言った?
メープルと、共同企画経営?
司さん・・そんなこと、一言も言ってなかったのに。
ってことは、だから、合同入社式って訳??


『この度入社した諸君と共に、道明寺ホールディングスと東京メープルを発展させていきたい。そのためには、君たち自身が率先して活躍してくれる必要があります。私はその活躍の場を提供するつもりです。大いに頑張って下さい。』

大いに頑張って下さいって・・。
まぁ、あたしには関係ない・・よねぇ。
あたしみたいな新入社員が、道明寺ホールディングスと関わるような仕事を任されるとは到底思えないし。
まさか、仕事で、司さんとの接点なんて、ある訳ないよねぇ。
なんて、ぼんやりと考えていたあたしは、次に始まった道明寺側の新入社員代表挨拶は耳に入っていなかった。


司さんの言葉をもう一度考えていると、トントンと肩を叩かれた。
「次、牧野さんだからね。頑張って。」
そう言ってきたのは、メープルの経営部長。

えっ?うそっ!
あたしも、挨拶するの?
こんなに大勢の前で?
マスコミだって来てるのに?
きっ、聞いてないよぉ。
あっ、頭の中、空っぽになってる・・・。


どうしようっ!!



先に始まった挨拶が終わって、あたしの番になった。
頭の中に、スピーチの内容を思い出そうとするのに、何にも頭に浮かんでこない。
手が、震えて来た・・。
きっとあたしは、能面みたいに血の気のひいた顔をしていたと思う。

会場内に、あたしの名前がアナウンスされた。

行くしかないけど、足が震える。
思い切って立ち上がったその時に、左手に、チラッと司さんが見えた。
司さんがいたずらっ子のようにニヤリと笑った。

あの笑い・・何?
あたしがスピーチすること、知ってた?
だったら、どうして合同になったことを教えてくれないの?!
あたしのこと・・試してるの?


そんな、笑い方するんだったら・・・
あたしだって負けないんだからっ!
司さんの祝辞はしっかり聞いた。
見てなさいよ!
あたしの頭は一瞬にしてクリアになった。
追いつめられると強くなる。
あたしは、もう一度背筋を伸ばし、壇上に向かってしっかりと歩き出した。



『東京メープル、新入社員代表の牧野つくしと申します_____』
あたしは、しっかりと正面を見据えた。
頭がクリアになったあたしには、恐いモノなんてない。
広い会場に、飲まれたりなんてするもんかっ!
あたしには、自分のするべきことが、きっちりと見えていた。


『____最後になりますが、今日初めて、今後東京メープルが、道明寺ホールディングスと共同企画経営の方針をとると伺いました。そのお話を聞き、更に仕事が楽しみになっています。東京メープルに、道明寺ホールディングスの力が加わることで、今まで以上のサービスが提供できると確信します。今日、ここに集まった同期の皆さんと共に、未来のメープルを担う人材になれるよう、努力をしたいと思います。』


スピーチを終え、チラッと右側を見ると、やっぱり司さんと目が合った。
あたし、ちゃんとできたでしょう?
だけど、あたしが檀上去ろうとすると、司さんがこちらに向かって歩いてくるのが見えた。

なっ、なに??

あたしは足が止まって、じっと司さんの動きを見つめてしまった。

司さんがマイクを持った。

『我が道明寺ホールディングスと東京メープルを繋ぐ架け橋になって下さい。』
そう言って、あたしに右手を差し出した。

あたしは訳が分からず、とっさに自分の右手を前に出す。
がっちりと司さんに握られて、顔を上げると司さんが、甘い顔であたしを見つめていた。

「よろしくな。」
そう、司さんの口が動くのが分かった。

周りの拍手や、カメラのフラッシュ音なんて、全く耳に入らなかった。



 

にほんブログ村
第二部開始です。
どうぞよろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト

  1. 続・俺の女
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

こんばんは(^^)

  1. 2017/02/20(月) 22:10:55 |
  2. URL |
  3. Happyending
  4. [ edit ]
いつもたくさんの拍手ありがとうございます。
始めちゃいましたよ、『続・俺の女』。本当に完結まで書けるのか、心配です。でも、完結に向かってレッツゴーです。マイペースで行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、たくさんのコメント・拍手コメントありがとうございます。
悠●様
司、もっともっと俺様にしたいんですが・・難しいんですよねぇ。

スリ●様
実は、一番始めに書いたのは、別々に入社式があるパターンでした。でも、それだと、二人が接点を持つまでに、異様に時間がかかりそうで、短縮のため、合同に(笑)。やっぱりね、司だから。こっそり見に行くか、合同にするかはね。しないとですね!

さち●様
色々な展開が頭にあるのですが、それを書けるかどうかが問題・・です。ビジネスってやっぱり難しい・・・。

新参者様
キリンになって頂いていましたか?大丈夫かなぁ。ご期待に沿えるかわかりません・・(汗)。まさに、公私混同です。司君。でもいいの。司だから(笑)。

はちみつ様
つくしへの拍手ありがとうございます。司ね。口パク。『よろしくな』。こんなのされたら、死んじゃいます!

H●様
のんびりでいいんですか?終わらなくなりそう・・・。

ま●様
司はですね。私の中では、何をしても許されるんです。えへへ。私も『よろしくな』言われたいです。うひゃっ。

ではでは、明日のAM5:00に。
お待ちしております。



管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/02/20(月) 12:17:21 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/02/20(月) 06:57:20 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/02/20(月) 05:56:58 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

Author:Happyending
ときどき浮かぶ妄想を書き留めたくて始めました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -