花より男子の二次小説。CPはつかつくonlyです。

With a Happy Ending

「言っときますけど、司さんはそんな人じゃありません!!」


お前さ、自分が今、何言ったか分かってんの?
司さんって、何だよ。気持ちわりぃな。
はぁ・・。
しかし、まさか、二人がすでにデキてたなんて。
この俺としたことが、不覚だった。
司の態度を見りゃ、明らかだったのに、どうしてそれに気づかなかったんだ。

司が牧野に惚れてることは一目瞭然だった。
けど、牧野は?
司の恋人でありながら、仕事においては、しっかりとした信念もち、司と対等に話をする。
その姿に恋人らしさはなかった。
司に媚びるような姿勢が無かったんだ。
だって、司だぜ?
道明寺財閥の御曹司だ。
やろうと思えば、黒を白にでも変えられる男。
そんな男を恋人としてもっていても、そのことを仕事に利用しない。
その姿があまりに潔くて、牧野が司に惚れてるとは思わなかった。

けれど、いったん司から離れれば、違ったな。
牧野が司の傍にいる時には分からない、牧野の司への想い。
思えば、司の話をするこいつは可愛らしかった。
ストラップを見る表情は、完全に恋する女。
そして、俺は、牧野の司への想いの深さを思い知ったって訳だ。

司のことを信頼している、その一途な想いが羨ましい。
もう少し気付くのが遅ければ、俺はこの女が欲しくなったかも知れない。
やべぇとこだった・・。
ったく、ややこしいことしやがって。
司の奴、女の尻に敷かれてんじゃねっつの!


「尊敬してたのに、やっぱり、女ったらしだったんだっ。」
おいおい、独り言が丸聞こえだぜ?
仮にも俺はビジネスパートナーだろうが。

「何がF4よっ!サイッテー!人でなし!」
おいおい、聞きづてなんねぇな。

「ま、お前に何と言われようが、俺らは昔からモテるのは事実だ。」
「そうですかっ!」
こいつ、怒り狂ってんな。


もう少し、からかってやるか?
けど、この俺を騙そうとしたお前らがわりぃんだぜ?

「司はさ、和装とか似合わねぇんだよなぁ。あの髪がダメなんだよな。俺みたいにストレートヘアの方が和装は似合う。そう思うだろ?」
もう一度、流し目を送ってみる。
俺のからの挑戦状だ。
司にダメ出しした俺を、睨みつける牧野。
どう出る?

「そんなことありませんよ。支社長だって、髪が濡れたらストレートになりますし。すぐ戻っちゃうけど・・。それに、お抹茶だって点てられるんですよ。すっごく美味しかったですっ!!」
そう言って、勝ち誇ったかのような牧野。

ぶっ。
やべぇ。ホント、面白れぇ。
こいつ、俺に煽られて、自分が何言ってるかまるで分かってねぇな。
司の髪がストレートになる?
それは司がシャワー浴びた後だろ?
そんなこと知ってんのは、司の女以外にありえない。
それに、司が茶を点てたとこなんて見た事ねぇよ。
きっと、俺に無駄な嫉妬して、この女にいいとこ見せようとしたってとこじゃねぇのかよ。
ま、西門流次期家元の俺が立てた茶よりも、司の茶の方が美味いって言うんだから、この二人の仲はホンモノなんだろう。
ちょっと・・妬けるな。



もうちょっと虐めてやる・・と思ったところに、大男の影。
来たな。
こいつ、絶対、牧野にSP付けてんな。
じゃなきゃ、何でこの場所が分かるんだよ。

「総二郎、勝手に牧野を連れ出すな。」
ズカズカと店内に入り込んでくる司。
「おう、司。」
俺が右手を挙げると同時に、牧野が振り返った。

二人の視線が重なって、司が口をポカーンと開けている。
司、お前、その顔、ホントどうにかしろよっ!


「つくしちゃん、可愛いよなぁ。和装美人だな。俺好み。」
仕方ねぇ、ちょと、司も煽ってやるか。
「西門先生、余計な事言わないでください。」
「なんで?可愛いから可愛いって言ったんじゃん。あ、俺とデートする気になった?」

「総二郎・・」
司の目がマジになってる。
背中に炎が見える。
くくっ。面白れぇ。
すぐに、司が牧野の肩を抱き寄せた。
「ちょっと・・つか・・」
「この着物は俺が買い取る。」
だろうな。
こいつが、自分の女が袖を通したものを、他の奴に渡すわけがない。
けど、これ、帯まで込みで、2000万だぜ?
ま、司だしな。

「牧野、行くぞ。」
「つか・・支社長・・ちょっと・・」

ズルズルと引きずられるように、牧野はリムジンへ連行された。
ぷっ・・
お前らなんで、付き合い内緒にしてんだよ。
バレバレじゃねぇかよ。

そっか。
きっと、牧野の提案なんだな。
司は、あの女の言いなりなんだ。
しかし、あの司がだぜ?
あいつが、恋におちることなんて無いと思ってた。


くっ、くっ、くっ・・・
笑いが止まらない。
これ、俺、どうすりゃいいの?
このまま、知らんぷりしといた方がいいんか?
でも、黙ってらんねぇよ。


pi-pi-pi‥
「あぁ、あきら?俺。今日、夜出て来いよ。面白れぇ話がある。」



 

にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!
『魔法のリキュール 4』は時間遅めになると思います。
関連記事
スポンサーサイト

  1. 続・俺の女
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

こんばんは~(#^^#)

  1. 2017/03/14(火) 22:57:40 |
  2. URL |
  3. Happyending
  4. [ edit ]
いつもたくさんの拍手をありがとうございます!
ホワイトデー、盛り上がっていますね~。たくさんのサイトでお話が上がってますね。
私は、じっくり読む時間が持てず、とりあえず流し読み。この連休にゆっくり見直そう・・・。

さてさて、
スリ●様
まぁねぇ。総ちゃんが気付かないはずないんだけど、私の妄想の中では、このつくしがイチイチ反論して、自分でばらしちゃうところを書きたかったのです(笑)。原作では、総ちゃんの初恋は、更ちゃんですよね。実は、総二郎もピュアな心の持ち主じゃないのかな~。でも、ごめんね。つくしはあげられないの・・・。
明日はですね~。あきらはまだ出ません。というか、今回あきらはあんまりいい役じゃないかも・・あきらも、ごめんよ。

ま●様
あきら君はですね。もうちょい先だったりします。あとすこーしだけ、つかつくバカップルにお付き合いを。

ではでは、こちらの続きは明日 AM5:00です!

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/03/14(火) 08:42:59 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

Author:Happyending
ときどき浮かぶ妄想を書き留めたくて始めました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -