花より男子の二次小説。CPはつかつくonlyです。

With a Happy Ending

大学に入学したあたしは、相変わらずのバイト生活。
講義以外は、バイトに明け暮れた。
有名大学に通うあたしは、時給の良い家庭教師先を見つけることが出来て、それを貯金に回した。
何の貯金かって?

あたしの今の夢はね。
公認会計士になること。
在学中にその試験に受かる可能性は数%しかない。
しかも、あたしの頭じゃ、独学は無理。
やっぱりダブルスクールが必須だと分かった。
そのスクールに通うための費用を貯めることにしたんだ。

夏休みは短期のバイトをたくさん入れた。
奨学金ももらっていたから、うちの生活は英徳時代よりは各段に楽になっていて、今では進もバイトしているし、パパも定職についていることもあって、以前に比べると普通の暮らしが出来るようになっていた。


今となっては、懐かしい英徳学園。
数少ない思い出には、全て道明寺がいる。
だって、赤札を貼られた思い出だって、結局は道明寺の仕業で。
校庭を引きずり回された痛い思い出は、助けてくれた道明寺の優しさで塗り替えられている。
あたしみたいな庶民の女がTOJで準優勝しちゃったのは、椿お姉さんと道明寺のおかげであることも間違いない。
当時あんなに辛いと思った高校生活は、今ではあたしの心の拠り所になっている。
だって、どの記憶を思い出しても、あいつのあたしに対する愛情を確認することができるから。


冬になって、お金がたまったあたしは、ダブルスクールを開始した。
アパート前の公園にある、桜の木を見上げるのは、もう習慣。

____花芽がある。


頑張れる・・
そう思う。
春になれば桜が咲くように、
例え何年かかっても、あたしの夢が叶ったらいい・・そう思う。




大学の講義、公認会計士になるための専門学校、そして残った時間はバイト三昧。
女子大生らしい大学生活を謳歌することなんて無かったけど、そんな必要もなかった。
コンパだって行きたいとは思わない。
だって、今更、あいつ以上の男に出会えると思う?


「牧野さんって、恋人とか絶対いないよね?っていうか、欲しくないの?」
「このままじゃ、化石になっちゃうんじゃない?」
大学の友人達から投げかけられる言葉はいつも同じ。

化石って言われてもね・・

多くの男性との経験が欲しいなんて思わない。
そんな経験は要らない。
あたしにとって、男はあいつだけだし、
あたしが受け入れたいと思える男はあいつだけ。
あいつを受け入れた経験だけで良かった。




***




コロンビア大学の北側に位置する公園には、桜が植林されている。
日本から来たソメイヨシノだ。
そこは『Sakura park』と呼ばれている。
俺は毎年春になると、この公園を歩いた。

牧野に出会う前の俺だったら、花を見ようなんて思わなかったに違いない。
けど今は、この桜をみて、未来に思いを馳せる。
春になれば桜が咲くように、いつか俺だって咲き誇って見せる。
そして、あいつと二人きりで、桜を眺めること・・それが、今の俺の目標。


米国の大学は課題に厳しい。
俺が金持ちだからって、容赦はされない。
大学の課題に、家業のジビネスという二足草鞋を履いた俺。
でも、そんなことは苦痛じゃない。
だって、俺には待っていてくれる女がいる。



あの日。
あの最後の鍋の夜。
きっと、すげぇ勇気を振り絞って、あいつは俺に抱かれた。

緊張で震えた体を、落ち着くまで抱きしめた。
「大丈夫だよ。」とあいつに言われ、たまらなくなってキスをした。

細くて白い手足。
柔らかい胸。
すべすべした尻の丸み。

ずっと触っていたい、ずっと俺の腕の中に閉じ込めておきたいと思った。

互いに初めて同士で、俺だって準備をしていた訳じゃなかったから、上手くできたのか、どうかなんて分かんねぇ。
でも俺は、あいつの熱い中に入って、あいつの細い体を抱きしめて、ものすげぇ快感に震えが来て、無我夢中で、そして、あいつの中で果てた。
その後も、あいつを離すことは出来なくて、意識が無くなったあいつに、何度も何度もキスをした。

あいつは痛みを我慢していたに違いない。
俺に揺さぶられて、俺に必死にしがみ付いてきた。
あんなにもあいつに求められたことなんて無かったから、俺はもう、天にも昇る気持ちで。
愛する女を抱く歓びが全身を駆け巡った。


落ちた意識から浮上した牧野がぼんやりとした目のまま囁いた言葉を、俺は絶対に忘れない。

「あたしの初めて、道明寺で良かった。絶対に、後悔なんてしない。」


俺だって同じ気持ちだった。
初めて好きになった女に、自分の初めてを捧げた。
絶対に後悔はしない。
そして、後悔をさせたくないと思った。

先のことは何も分からない俺達。
だけど、何年かかったとしても、俺がこいつを幸せにしてやるんだと決めた。



一晩が過ぎれば、約束の1日が終わりを告げた。
俺はニューヨークへ戻らなければならなかった。
それは、ババァとの約束でもあったし、あの時の俺には牧野を守ってやれる力は無かったから。
牧野を手に入れるために、力を付けなければならなかった。

ババァはあの時、牧野をニューヨークの邸から追い返せば、2年で俺を自由にすると言った。
あいつにも、あいつのダチにも手出しはしないと。

しかし、果たして自分が2年でモノになるのか。
牧野を守ってやれる男になれるのか。
数週間大学に通っただけでも明らかだった。
今の俺じゃ、何の使い物にもならないってことが。
そして、牧野を守れる男になるためには2年じゃ足りないってことが。
ババァだって、きっと分かっていたんだろう。
だからこそ2年と言ったんだ。
2年も経てば、俺が自分の無力さを自覚し、牧野を諦めると考えたに違いない。


答えなんて初めから出ていた。
2年じゃ無理だ。
例え、ババァが許したとしても、きっと牧野を守り切れやしない。



ボロアパート前に、迎えのリムジンが来た。
俺たちは、最後にアパート前の公園に立った。

そして、二人で、公園に1本だけ植えられていた桜の木を見上げた。


「あ、蕾。」
「本当だな。」
「結局・・一緒に桜は見れなかったね・・」
「でも、必ず・・」


必ず、迎えに来る。
必ず、お前を迎えに来るから。
その日まで、待っていて欲しい。


口で言うことは容易くて、それを現実にすることは難しいと分かっていた。
だから、いつ迎えくるとは明言できなかった。

____必ずお前を、迎えに来る。

簡単には口に出来ない俺の想い。
でも俺の想いは、きっと牧野に伝わっていたはずだ。



『瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の・・・』
とっさに、牧野が口ずさんだ、百人一首の上の句。


俺はすぐに答えた。

_____『われても末に 逢はむとぞ思ふ』



急流は、岩に当たり、二手に分かれたとしても、必ず1つに合流する。
俺たちの人生は、周囲に翻弄されて、今日から二つに分かれるけど、必ずまた一つになれる。
そう、信じる。


俺たちは、互いの気持ちを確認し合って、最後の抱擁を交わしたんだ。



*「瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢わむとぞ思ふ」
  崇徳院作
  小倉百人一首 77番  出典 詞花集


にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。
今後の更新はAM5:00に戻ります。
関連記事
スポンサーサイト

  1. Sakura
  2. / comment:7
  3. [ edit ]

  1. 2017/04/04(火) 23:03:30 |
  2. URL |
  3. Happyending
  4. [ edit ]
he●様
拍手コメントありがとうございます。
切ないですよね~。でも、未来が見えます。
新年度始まりましたね。仕事の山は越えていますが、またこどもたちの学校準備もしないといけないし、いまさらバタバタです。休みのうちにもっとやっておけばよかった・・。

こんばんは~(^^♪

  1. 2017/04/04(火) 22:59:06 |
  2. URL |
  3. Happyending
  4. [ edit ]
いつもたくさんの拍手をありがとうございます。
この歌は、lemmmonさんが引用されていたものです~。これを読んだら、やっぱり原作のつかつくを妄想しちゃいませんか??lemmmonさんのお話のメインテーマではありませんが・・(汗)
そして、皆様、思ったことでしょう・・・。
『この歌、司、知ってたの??』
ま、知っていたと言う設定にするしかない・・です(汗)
でもね、英徳のお坊ちゃまだから。百人一首は丸暗記してるんじゃない?一応、意味もなんとなーく分かってるはず。読み間違いとかはありそうだけど・・。ということで、お願いします。

悠●様
一応、この歌を使う段階で、お勉強しました・・元保の乱・・。政治的な恨みもあって、この歌自体、恋の歌と解釈しない研究者もいるらしいです。でも、私にはちんぷんかんぷんです。。。歴史って、中学生でやったかな?高校は地理だった。あは。

スリ●様
悲しいけれど、未来が見える・・そんなお話です。でなければ、中編で終わりません・・。えへへ。この歌はlemmmonさんが途中で使っていたので、そのままそっくり拝借です。lemmmonさんのお話は、また全然違う、ある意味イチャコラストーリーなんですけどね(笑)。

ka●様
そう、ここでこの歌です。この歌がコラボの主軸。お話はあんまりかぶってない(汗)。でも、こんな機会でもなければ、私が和歌を使うことは絶対になかったと言えます!

道明寺&牧野大好き様
そうですよね。つくしって、凄く前向きで、いいんですよねぇ。司が幸せになるためには、絶対につくしが必要だと私も思います!

lemmmon様
わぉ!誰!(笑)
そうなの。つくしはきっと、道明寺が分からなくても・・と思ったにちがいありません。(坊ちゃんごめん!)でも、凄いよ~。うちに司。切り返したよ!!惚れ直した??
つーか。コラボっつーのに、和歌出て来た時には、出だしから撃沈したと思ったでやんす!(笑)

と言う訳で、続きは明日のAM5:00です。
どうぞよろしくお願いしまーす。






流石でやんす

  1. 2017/04/04(火) 15:27:48 |
  2. URL |
  3. lemmmon
  4. [ edit ]
崇徳院の和歌をこれぞ王道でやってくれましたね旦那!

流石てごぜぇやす。

この流れだと、坊ちゃんは分からねぇって踏んで嬢ちゃんは口にしたんでやんしょか?

まぁ分からなくても坊ちゃんは調べるでしょうが、分かってた方が嬢ちゃんは安心でっさね。

流石でやんす!

明日も楽しみにしてるでやんすよ〜

って、おいらもう読んだんでやんした〜
( ͡° ͜ʖ ͡°)

↑誰だろ?

更新ありがとうございます

  1. 2017/04/04(火) 12:35:09 |
  2. URL |
  3. 道明寺&牧野大好き
  4. [ edit ]
つくしのすごいところは、赤札事件がきっかけで戦う毎日の中で、前よりずっと自分を好きになった、あたしを変えたのはあいつかもしれない…ってなれるめげない前向きな思考だと思います。

道明寺が真っ先にノックアウトされちゃいましたからね。もう惚れて惚れて惚れまくり…。
TOJでは、つくしが女神のように見えてました…。

色々したい…ってつくしに言ってた道明寺。良かったね(^-^) そして頑張れー!

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/04/04(火) 07:59:41 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/04/04(火) 06:45:08 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/04/04(火) 05:19:50 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

<<Sakura 3  | BLOG TOP |  Sakura 1>>

 

プロフィール

Author:Happyending
ときどき浮かぶ妄想を書き留めたくて始めました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -