花男の二次小説になります。つかつくonlyです。

With a Happy Ending

【メープル東京 Private Resort オープニングセレモニー】

都内における、初めての高級リゾート。
完全にプライバシーの守られた、高級空間。
恋人、夫婦、家族、それぞれに守られた癒しを提供。

屋内外の施設は、全て宿泊客専用。
多様なアクティビティは、個別にプランニングも可能。
キッズ・ファミリースペースとは別に用意された、
ゆったりとくつろげる大人専用スペース。

宿泊には全例、パスポートを提示が要求され、
細部に渡り完璧なセキュリティを誇る。

____今、本当の癒しを求めて!





「司さんっ、大変っ!お義母様、到着が遅れるってっ!」
「はぁ?別にババァがいなくても、大丈夫だろ?」
「大丈夫じゃないよっ!だって、今日初めて、リゾートの内部をマスコミに公開するんだよ?」
「今までだって、全部お前がやってきたんだから、どってことねぇだろうが。」
「ええ~っ。不安だよ。プレゼンは大丈夫だけど、オープニングセレモニーなのに。」
「それより、早く着替えねぇとお前が遅れるぞ。」
「そ・・そうだった・・」


つくしが企画主任を担当し、道明寺HD日本支社が完全バックアップをした、『メープル東京 Private Resort』がオープンする。
今日のオープニングセレモニーでは、徹底して秘密を通していた、リゾート内が一部公開されるとあって、多くのマスコミが押し寄せる。
その後のオープニングパーティーは、メープルのVIP会員を招待している。
今回宿泊できるのは、VIP会員の中でもごく一部のみだ。
今後半年先まで、すでに予約で満室というから、このリゾートに寄せる関心の高さが伺われる。

そして、今日、ホテルの概要説明を担当し、このパーティーを取り仕切るのは、全てつくしの仕事だ。

しかし、こういったパーティーを取り仕切るのは、つくしにとって初めての事ではない。


カチャ・・
「あ、お義母様っ!良かった。間に合ったんだぁ・・。」
「何をのんびり構えているの、つくしさん。ホストであるあなたの準備が遅れてどうするの。司さん、何をゆっくりしているの。準備を手伝いなさい。今日は、〈道明寺つくし〉の支配人就任会見があるのよ?」


そう・・道明寺つくし。
こいつは、3年前に、道明寺つくしになった。




あの日、つくしは突然、俺と結婚すると言った。

俺がそんな彼女を逃すはずはなく、その翌日には、入籍手続きをとった。
こいつの決意は、いつコロッと変わるか分からねぇからな。

それからしばらくの間も、俺は日本とニューヨークの二重生活ではあったが、堂々と自分の妻としてつくしを連れ歩ける喜びはひとしおだったし、やはり、何よりも、結婚により、俺の気持ちは安定したと思う。

ニューヨークでのつくしの生活を常々心配していたつくしの両親は、俺たちの入籍を滅茶苦茶喜んだ。


結婚式は近親者のみ。
以前に訪れたプライベートアイランドで、6月に行った。

場所は、普段あまり我儘を言わないつくしが、この島での挙式にこだわったから、即決だった。
後から聞いてみれば、あの島での俺たちの結婚式は、ババァの希望でもあったらしい。
ババァが俺や姉ちゃんの家族に送ったプレゼントが、プライベートアイランドだった。
いつか、自分の子供や孫たちが安心して過ごせるリゾートを作るというのが、ババァの夢だったとは、その時初めて知った。

そして、今回の『メープル東京 Private Resort』も、そんなババァの考えをつくしが受け継ぐ形で企画が進んだ。
つくしも、この『Private Resort』は、自分の家族を連れていくことイメージして作り上げたという。
本来、若年層顧客の獲得も視野に入れていた企画だったが、メープルに対するババァの考えを汲んだつくしは、今回はそこを断念した。
若年層の獲得・・それは、今後のつくしの目標として残されている。


「庶民のあたしが、こんな高級リゾートの支配人だなんてね・・」
そんな風に言うつくしだが、決して悲観している訳じゃない。

「セキュリティが万全なプライベート空間を提案するけれど、その中身はアットホームにしたいな。」

そう考えたつくしが企画したアクティビティは、低料金や無料でトライできる、日本文化の体験から始まり、お祭りや屋台の企画・料理教室など、つくしらしい発想がちりばめられている。
そんなつくしの意見に、ババァは一切反対はしなかった。
ババァは、この『Private Resort』を、俺とつくしに一任したんだ。
この3年半で、ババァとつくしの間には、強い絆が生まれていた。




「お待たせ~。」

準備を終えたつくしは、ブラックシルクのスーツ姿。
髪は、緩やかなアップに纏め上げている。
胸元には、ババァから贈られたパールのネックレス。
左手には、俺がデザインしたマリッジリングが輝く。


記者会見まで、あと10分に迫った。

「司さん、行こうか!」
「おう。」

今回、つくしを支配人として紹介するのは、親会社の日本支社長である俺の役目。


左腕を差し出すと、つくしの右腕が重なる。
これは、いつもの事。

「頑張れ。」と言い、そっとつくしの髪にキスを落とす。
これも、いつもの儀式。

「うんっ。」
つくしが、ぎゅっと俺の腕を握って、俺を見上げる。

「司さんがいるから、大丈夫!」
そう言って、微笑んだ。




彼女は、俺の女。
俺が愛して止まない女。
初めて出会った時から惹かれて、今も惹かれ続けている。


18の誕生日に出会った。
そして、23の誕生日に恋に落ちた。
生まれて初めて期待したバレンタインデーには、二人でチョコムースを食べた。
初めて彼女を家まで送り届けた時に、不意打ちのキスをした。
彼女の言いなりになって、お試し期間てヤツを受けて立った。
無理やり誘ったホワイトデーデート。
キスだけで真っ赤になる彼女が可愛かった。

どんなに忙しくても、彼女のバイトの迎えは欠かさなかった。
唯一彼女に会える時間を逃すなんてできなかった。
会う度にキスを重ね、俺の想いを伝え続けた。

そして、ついに彼女を手に入れた。


彼女を自分のマンションに住まわせて、俺もそこに住み着いた。
そこは、生まれて初めて手に入れた、自分の居場所になった。
そして、絶対に彼女を手放さないと誓った。

彼女の仕事に協力しながら、彼女を自分の傍に置いた。
彼女に尊敬されたくて、仕事を頑張っていたなんて、誰にも言えない。
そして、彼女自身も、持ち前の根性で、メープルの企画を成功させた。


つくしと俺の関係を密かに広めたくて、初めてパーティーに連れ出した。
ドレスアップした彼女の、想像以上の美しさに、息を飲んだ。
「互いに好きだから付き合っている」と言った彼女の言葉に、俺は浮かれた。
俺の立場なんか関係なく、俺のことが好きだと言ってくれたんだ。
だけど、あのパーティーがきっかけで、つくしの悩みは深くなった。

元々、海外勤務が夢だった彼女は、俺と幸せになるために、仕事ができる女になりたいと言った。
その心意気は、気難しいとされる俺の両親を簡単に陥落させた。
そして俺は、婚約者として、つくしをニューヨークに送り出した。


結果として、その選択は正しかった。
彼女はどんどん自信をつけ、ますます輝いていった。

それは、今も・・・
俺が目を細めたくなるほどの輝き。

その輝きを独り占めしたいと願った時、彼女も結婚に承諾してくれた。
そして、俺の全てを受け入れてくれたんだ。


彼女を幸せにしたくて、6月に結婚式を挙げた。
純白のウエディングドレスに身を包んだ彼女は、世界一美しかった。
そして、彼女からの誓いの言葉を聞いた俺は、世界一誇らしかった。


そうして俺たちは、家族になった。



俺が一目で恋に落ちた、この広い世界で唯一愛する女。
こいつのために、俺の人生がある。
彼女が輝く姿を見ることが、俺の生き甲斐だ。
俺は、彼女に生かされている。


幸せというものを知らなかった俺に、幸せをくれた女。
かつて家族なんて必要ないと思っていた俺に、家族の温かさを教えてくれた。
そして、俺も今、一児の父となり、仕事にも、家庭にも振り回される人生を送っている。

けど、全く嫌じゃねぇ。
全然、辛くねぇ。
少しも、面倒臭くなんかねぇんだ。

それはいつも、俺の隣では彼女が笑っているから。
彼女が手を伸ばしてくれるから。
俺を必要としてくれているから。




「ねぇ、司さんがいなくちゃ、絶対にだめなんだから。ずっと隣にいてね。」

俺の女が、俺の腕につかまりながら、上目遣いで言う。

どんなに自信がありそうに見えても、絶対に俺がいなくちゃダメだなんて、いつも可愛いことを言うんだ。

かつて、俺に守られているだけの自分は嫌だと言った女は、今では甘え上手になった。


でも、それでいいんだ。
どんどん甘えて欲しい。
そして、ずっと、俺の傍にいてくれ。



俺の女が、俺のエネルギー源。
俺が見つけた、世界で最高の宝物。

俺は、これから先もずっと、こいつの男として生きていく。
それが俺の生きる意味。


彼女に出会って、意味のある人生を手に入れた。


俺はいつしか、暗いトンネルから抜け出して、
明るい光の中を歩いている。

愛する妻と手をつなぎ、
その横顔を眺めながら・・・


Fin.



にほんブログ村
予想以上の長編に何度もくじけそうになりましたが、ここまで書ききれたのは、皆様からの応援があってこそです。
あれ~?と思われた所は、いずれ番外編を考えています(笑)。
ですが、気力の限界もあり、一旦ここで完結とさせて下さい。
最後までお付き合い頂き、本当にありがとうございました!!
関連記事
スポンサーサイト

  1. 続・俺の女
  2. / comment:25
  3. [ edit ]

ありがとうございました! ⑤

  1. 2017/05/11(木) 22:36:37 |
  2. URL |
  3. Happyending
  4. [ edit ]
あ●様
拍手コメントありがとうございます。
エンドロールのような回想・・確かにそうかも(笑)。
髪にキスも萌えシチュ?良かったです!私の萌えポイントってどこなんだろうなぁ。そういえば、考えたことあったかな?結構、こそこそと付き合ってる二人とか、好きですかね~。自分では書いたことがないのですが・・(汗)。また、遊びにいらしてくださいね~。

na●様
そうなんですよね。今回のお話は、自分ではそれほど思っていなかったんですが、多くの方から、「大人な司さん」と言われます。こんな人、いたらいいですよねぇ~。はぁ。でも、次は、やんちゃな坊ちゃんに戻って、道明寺!を書きたいような気もします(笑)。コメントありがとうございました!

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/10(水) 16:36:19 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございました! ④

  1. 2017/05/09(火) 21:57:39 |
  2. URL |
  3. Happyending
  4. [ edit ]
ここから拍手コメントより・・

まあ●様
今日も朝早くから、コメントありがとうございます。楽しい目覚めと言っていただけたら、本当に嬉しい。私も以前は早く起きてブログチェックとかしていたのに、最近はバタバタで朝のチェックが甘いです。番外編、もう少しお待ちくださいね。

m●様
そう言っていただけて、ほっとします。私も自身も二次巡りが好きなので、毎日続きを待つ気持ちは分かっているつもりなんですけどね。楽しかったと言っていただけたら、疲れが癒されます。ありがとうございます。

ta●様
確かに、運命の人に出会える確率ってどんなものなんでしょ?思わず、司でなく、現実の主人を思い浮かべてしまった・・。イカンイカン。ここは二次の世界ですから!夢みていいですよね〜。ぼちぼちとやっていこうと思います。コメントありがとうございました!

ま●様
平日から、二日酔い(笑)?!そして、午後からまたお仕事??司とつくし並みの多忙さですね!一時期仲間はずれだった司さん・・ちゃんと幸せになっています(笑)。確か、どこか途中のコメントでも「俺の名前覚えといて」に触れていただけたと記憶しています。私も、この時の司のセリフっていうか、このタイミング、あの時は、自分の妄想どおりに書いたのですが、最後までこれにするか迷ったんですよね。でも、こうして、この場面を覚えていたくださるとは、とても嬉しいです!全く、司さんはまた直前にドカン発言が多すぎるから(笑)。番外編、もう少しお待ちくださいね〜。

は●様
いえいえ、こうしてコメントを頂くだけで癒されます。ありがとうございます。拍手やポチにも、本当に力を頂いているんですよ!私にとっても、息抜きで始めたブログですので、細々とでも続けていきたいと思っています。どうぞまた、覗いてくださいね!

カ●様
コメントありがとうございます。完結が、嬉しいような、悲しいようなだなんて言っていただけて、私は嬉しいです!私自身はホッとした感じだなぁ。しばらく休んで、番外編、行ってみようかな〜と思います。また、遊びにいらしてくださいね。


全部書けたかな?大丈夫かな?
今からちょっとゆっくりして、明日の午前中に、あとがきを書いて、ちょっとリフレッシュしつつ番外編の妄想に入ろうかと思います。

もし、番外編がうまく浮かばなくて、先に新連載になってしまったら、ごめんなさい!


最後にもう一度、たくさんの応援に助けられました。
本当にありがとうございました!!!

ありがとうございました! ③

  1. 2017/05/09(火) 21:49:44 |
  2. URL |
  3. Happyending
  4. [ edit ]
まり●様
二人の恋路を見守る・・確かに、書いていると、私もそんな心境だったかもしれません。大人になってからであった二人のだからこそ、そこから、絆を築いていく過程も必要で、ビジネスを絡めながら、二人のが強く結びついていく姿が書けたなら良かったなぁと思います。私が好きな、つくしちゃんが、こういうタイプなんだろうなぁ。でも、そのうち、また違ったタイプのつくしちゃんも書いてみたいと思うんですけれどね。また、是非是非、遊びに来て下さいね!

ka●様
そうなんですよね。司さんはつくしが好きで、つくしも司さんが好きで、お互いにその点に関しては誰に遠慮することもない、そういう関係が、原作とはだいぶ違うのですが、変に泥沼にならなくて、良かったなぁと私も思っています。ビジネスを絡めていくお話で、私的には終始辛かったのですが、この二人の気持ちがブレないから、その点は書きやすかった。沖縄のつくしの悶々は初めから書きたかったところではあったので、それほど苦にはならなかったです。そして、見守る人々も暖かくて、ここも書きやすかったです。最後までお付き合いありがとうございました。また、ボチボチと続けていきますので、覗いてやって下さい!

翔●様
あれ〜って思いますよね(笑)。ちびっこに、シブいおじ様たち、登場できるように、最善を尽くします!少し、リフレッシュは必要ですが、また遊びにいらして下さいね〜!

く●様
やっぱり、あれ〜?ですよね(笑)。ある程度の妄想はできているのですが、実を言うと、お子ちゃんの性別はすっごく悩んでる。二パターンともに、こういうシーンがあってもいいかなって思ったりするので・・。ゆっくり考えようかなぁと思います。また、是非、覗いて下さいね〜!

う●様
コメントありがとうございます!最後は司さんで締めたかったんですよね。なんとなくですが。回顧までさせてしまった・・。司が幸せであることが、書き手である私の幸せでもあるからかなぁ。最後までお付き合いありがとうございました!また遊びにいらして下さいね〜。

あや●様
そんな風に言っていただけて、光栄です。放心状態か・・。ある意味、私も現在、そんな感じです・・。「一児の父」(笑)。このあたりを番外編にと思っています。ゆっくり書きたいなぁと思いますので、もう少しお待ちください〜。

道●様
ね、「道明寺つくし」って、文字に書いてみるとなんか変なのですが(笑)、ここを目標に書いてきましたので、最後にこれに行き着く事ができて、私も幸せです。また、是非、遊びにいらして下さい!


もう一つ続きます。

ありがとうございました! ②

  1. 2017/05/09(火) 21:44:35 |
  2. URL |
  3. Happyending
  4. [ edit ]
洗●様
『続〜』も毎日読み、していただけていたんですね!もしかして、一気読みかなぁと思っていましたが(笑)。そうですよね。いつの間にか5月で、書き始めてから4ヶ月以上が経過したなんて、信じられません。読み直しして頂けるなんて、嬉しいです。少しリフレッシュして、また戻ろうと思っています。また、遊びにいらして下さいね!

み●様
何度も読んでいただいて、ありがとうございます!恥ずかしいけど・・(汗)。でも、私も、気に入ったお話は、覚えちゃうぐらいに読むので、何となくお気持ちは分かる。そして、嬉しい限りです。思っていた以上に、番外編を楽しみにしていると書いていただけたので、そのうちに書こうと思います。どうぞ、また読んでやって下さい!

スリ●様
ほとんど毎日コメント頂き、その言葉に励まされました。ぶっちゃけちゃうと、「続〜」に入ってからは、最後まで、ぐわーっという波は来なかった。強いて言えば、4月に入ってからの沖縄のシーンはグイグイ書けたかなというぐらいで。下書き消えちゃうハプニングはありましたが(汗)。それでも、長編を書き終えることができたのは、こうしてコメントを頂いたり、拍手やポチに励まされたおかげです。本当に感謝!です。ありがとうございました。

小●様
こちらこそ、毎朝覗いていただいてありがとうございます。楽しんでいただけてよかったです。また、少し休んだら、書きたいなと思っていますので、是非是非覗いて下さいね!お待ちしています!

の●様
いつも応援ありがとうございます。そうなんですよ。3年経って、呼び方をどうするか、ちょっと悩みました。でも、このお話では、やっぱりつくしにとって司は『司さん』の方が、しっくりくるような気がして、『司』にはしませんでした。こんなつくしがそばにいるからこそ、司はますますいい男になれるんじゃないかなと思っています。本当だ。このお話の悪役は、後藤三男とか、町田とかぐらいで、楓社長も、総帥も、臼井さんも、二人ともの周りは素敵な大人ばかりでした。みんなに応援してもらって、二人が幸せになれました!

委●様
えへへ。コメントありがとうございます!私いつか、鬼畜書いちゃおうかな。人としてどうよ?みたいな(笑)。その際には、そちらに贈ってもいいですか(笑)??

さと●様
おお〜!58話のそのセリフに反応してくださったのは、さと●様だけかも。私も、ここは、結構思いを込めたんですが(笑)。そして、そのまま、あとがきに載せたいような、コメントありがとうございます。何度か司が口にしている、『俺の女』という言葉。そして、最後は、『俺の妻』で終わりました。このタイトルをつけた時には、司が見守る中で、つくしが成長していく物語を想定していたのですが、書いていると、俺の女を見つけた司もまた成長して、いい男になる物語にもなりました。あと、私、いまだに、弁当箱の海苔のセリフ、忘れられません。いつも、的確かつ面白いコメントに感激しています。


まだ、続きます。

ありがとうございました! ①

  1. 2017/05/09(火) 21:40:09 |
  2. URL |
  3. Happyending
  4. [ edit ]
最終話まで、たくさんの拍手をありがとうございました。
やっとの終わった・・終わらせることができた・・という安堵感で力が抜けています(笑)。
あとがきも書こうと思っていますが、明日の午前中に時間があるので、あとがきはその時かなぁ。じっくり書きたい(笑)。←何を??

そして、今日は、たくさんの「お疲れ様コメント」ありがとうございました。あー、こんな気持ちで読んでくれている人がいるんだいるんだなぁとか、じんわり、ほっこりとさせて頂きました。

そして、あれ〜?という謎の終わり方(汗)。
こどもちゃんに纏わるエピソード。多くの方にリクエスト頂きました。
そう言われちゃ、書かなきゃですよね。
うんうん。もう少し、力を貯めてからになるかな。


では、初めて、コメントのお返事に下書き書きました(笑)。
たくさんだったので・・えへへ。
いくつかに分けて投稿します。


仁●様
1番コメントありがとうございます(笑)!そんな風に、うんうんと思いながら読んでいただけるというのは、私にとってはとても嬉しいことです。そうか、でも一気読み派の方って結構おられるんですね。私は、自分がどうしても気になって読んでしまう派なので、そうやって自制できる方は羨ましいんですけどね。是非次も、毎日派で(笑)お願いします!そのうち、『激甘甘甘つかつく』いってみようかな。本当に、オエってなるかも知れませんよ(笑)。

花●様
このお話、特に『続・俺の女』に入ってからは、割とわかりやすい展開で、読者様にとっては面白いんだろうか・・と悩んだ時期もありました。でも、続きを妄想してもらえたりするなんて、ちょっと嬉しいですね。そして、その期待は良いように裏切りたいものです(笑)。楽しんでいただけてよかったです。ありがとうございました!

ま●ん様
なんと、海外にいらっしゃる!そんな遠方から、朝ではなく、夜の更新を待っていただけていたなんて、なんだか感動しちゃいます。ネットだから、つながっているんですよねぇ・・海外と。そうです。お正月明けから始まった、このシリーズ。なんとGW明けまで続いてしまうなんて、当時は思っていなかったです。でも、こうやって、時間を待っていてくださる方がいるなんて、細々と続けていてよかったなぁと思います。ボチボチと続けていこうと思いますので、また遊びに来てくださいね!

さち●様
こちらのお話で、元気になって頂けるのであれば、本当にに嬉しいです。こちらこそ、最後までお付き合いいただいてありがとうございました。少しリフレッシュは必要ですが、またボチボチと書いていこうと思います。これからも、どうぞよろしくお願いします!

ko様
コメントありがとうございます!そうなんですよ、全部合わせたら、100話超えているんです。すっごく、長かった・・。精神的にもきつかったです。。。夜の更新、見ちゃいましたよ!次は、もしや、私期待の続編でいいのでしょうか!?少し、リフレッシュに入るので、是非是非早く復活されてくださいね!!私にも、ko●様の癒しを〜(笑)。


続きます。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 20:08:21 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 19:19:05 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 16:18:43 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 15:51:20 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 14:36:07 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 14:24:56 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 11:03:51 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 10:56:04 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 10:44:27 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 09:34:11 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 08:57:04 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 08:06:44 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 07:59:09 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 07:57:26 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 07:04:52 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 06:40:54 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 06:18:56 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 05:57:31 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/09(火) 05:34:48 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

Author:Happyending
ときどき浮かぶ妄想を書き留めたくて始めました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -