花より男子の二次小説。CPはつかつくonlyです。

With a Happy Ending

「本当に一人で大丈夫か?」
「当たり前でしょう?って、一人じゃなかったら誰と行くって言うの?」
「・・・。」
「同期に会いに行くだけだよ?」
「ちっ、この後会議がなけりゃ、俺も・・。」
「司さんが来たら、みんな驚いちゃう。」
「・・・。」
「そんなに心配しないで?大丈夫だから。」

そういうあたしに、司さんが溜息をついた。

「はぁ・・。やっぱ、心配。店内にSP入れるからな?」
「うん・・。でも、SPさんがいたら、みんなびっくりしちゃうと思うんだけど。」
「客にバレるような付き方はしねぇから、安心しろ。」
「あ、そっか。うん。分かった。」


楓社長の秘書をしながら、司さんの婚約者として、花嫁教育も受けてきた。
ニューヨークでは、社長秘書としての立場で行動することがほとんどだったから、あたしは、まだまだ『道明寺司の妻』としての立場に慣れていない。

だからかな。
どうしても、仕事の同期には、今までどおりに普通に会いたいと思ってしまう。
それって・・やっぱりダメなことなのかな?



今は、リムジンの中。
今日は午後から、司さんと、日本の主要な取引先に結婚の挨拶を済ませてきた。
今日のあたしの服装は、夏らしく、白いサマーツイードのセットアップ。
ハーフアップされた髪には、細かいダイヤの髪飾り。
『清楚な奥様』をイメージした仕上がり・・。


一昨日、久しぶりに日本の道明寺邸に入って、本当に驚いたんだ。
半年前には無かった、あたし専用のクローゼットには、洋服や装飾品がいっぱいで。
はっきり言って、それを見ても、どんな風に着こなしたらいいのか分からなかった。
一体、誰がこんなに用意したんだろう・・。

今朝は、仕事に向かう司さんを見送った後、タマさんに促されるがままに付いて行けば、いきなり、フェイシャルエステが始まった。
そのエステを受けながら、手足の爪のお手入れもされて。

それから、スタイリストさんがあたしの服を選んでくれて、美容部員さんが髪のセットやメイクもしてくれた。
これは、『道明寺司の妻』として挨拶回りをするのだから、当然の事。

ニューヨークでも、お義母様や、椿お姉さんにたくさんの洋服を買ってもらったけれど、でも、基本的に日々着る服は自分で選んで、髪だってパーティーでもない限りは自分でセットしていた。セットって言っても、仕事中は1本に纏める程度だったんだけど。

記者会見や結婚式の時も、同じようにメイクやセットはお願いしたんだけど、それは特別な日だったから、ほとんど気にしていなかった。

だけど・・
日本に帰って来て、当然の様に、スタイリストさんや美容部員さんが付く生活になって、あたしは今、ちょっと戸惑っている。

『道明寺司の妻』として、これからは、恥ずかしい格好なんて出来ないって分かってるし、選んでもらった洋服はとっても素敵で、十人並みの容姿のあたしですら、『清楚な奥様』に変身できた。

でも・・なんとなく、心のもやもやが晴れない。
それは最近、なんだか胃の具合も悪くって、気分がすぐれないせいかも知れないんだけど。


なんだか、あたし・・着せ替え人形みたい・・。


そんな風に思ってしまって・・
お昼過ぎにお邸に迎えに来てくれた司さんは、「おっ、いいじゃん。綺麗だ。」なんて言ってくれたけど、でも、いつもみたいに心底嬉しいっていう気持ちにはなれなくて、ちょっと複雑だった。

だって、これは、あたしが選んだ服じゃない。
たぶん、司さんが選んだものでもない。
忙しい司さんに、そんな暇がある訳ないもん。
『道明寺司の妻』にふさわしいように誰かが用意した品物。
それを着て、人形のように挨拶をするっていうことに、あたしはちょっと抵抗を覚えていた。
この半年で、『道明寺家の嫁』という立場はだいぶ理解できていたはずなのに・・な・・。


そんな悲観的な考えが浮かんでしまって、
あたしは鏡に映った自分を見ながら、大きなため息をついたんだ。




道明寺HD日本支社前で、司さんと別れた。
「お仕事、頑張ってね。」
いつも通り、チュッとキス。
司さんに触れると、安心できる。
あたしの不安が少しだけ晴れた。

「何度も言うけど、酒は飲むなよ?」
「うん。分かってる。」
「約束だぞ?」
「うん。」

何度も繰り返す司さんが可笑しくて、ちょっとだけ笑う。
だけど、本当に、お酒なんて飲むつもりはないの。
最近本当に、気分が良くなくて、落ち込みがちだし。


司さんと別れて、腕時計を見るた。
時刻は17時。
同期のみんなとの約束の時間は18時だから、あと1時間ぐらい余裕がある。
約束のお店は、東京駅近くだから、ここから近いし。

・・どうしようかな?
と考えていたところに、あたしが大好きだったショップが目に入った。

「あ・・。」

どうしてかな、すごく懐かしい感じ。
半年前までは、よく覗いていたお店。
ナチュラルな感じが凄く好きなお店だった。

司さんと交代してあたしの斜め前に座っていた、女性SPの川西さんと目が合った。

「あの・・少し、寄りたいお店があるんです。」





ショップのショーウィンドウを覗くだけでもテンションが上がる。
こうしてショップに一人で来るのは本当に久しぶりのこと。
お店に一歩入ると、そこは、あたしが大好きな世界。
身の丈に合った世界っていうのかな。

マネキンが着ている洋服が可愛らしい。
あ、あのかごのバッグもあたし好み。
バルーン袖のブラウスも今年らしくて一度着てみたかった。
うわーっ、このウェッジソールのサンダルも可愛いっ。

それに、どれも見ても、しっかり値札が付いていて、それもあたしのお給料で十分に手が届く範囲。
地に足のついたお買い物っていうものを久しぶりに堪能できる。


そうだ!
これから向かうのは、創作料理の居酒屋さん。
こんな奥様っぽいスーツじゃなくて、もっとカジュアルな方がいいんじゃないかな。
それなら、ここで買い物して、着替えて行こうかな。
丁度、まだ時間があるし・・。


あたしはますます楽しくなって、お店の中を行ったり来たり。
司さんに言わせたら、
「そんなに迷うなら、全部買ったらいいんじゃね?」
とか言われそう・・なーんて思いながら、あれやこれやと久しぶりの買い物を満喫した。


結局決めたのは、イエローのバルーン袖の大き目のブラウスに、ホワイトのパンツ。
初めに見惚れたカゴバッグと、サンダルを合わせた。
ダイヤの髪飾りを外して、夏っぽいシュシュに変えた。

司さんに渡されているカードもあるけれど、あたしは元々現金派。
今日の買い物だって、全部で3万円ちょっと。
十分自分で払える程度。

「全部着ていきます。」
と言って、現金で支払った。
こうやって買い物をすることすら、久しぶりだと思い出す。

だけど、これが、
あたしらしい・・本当に、あたしらしいような気がする。


SPの川西さんがあたしを心配そうに見ていたけれど、別に大丈夫だよね?
危険なことをしている訳じゃない。
相変わらず体調は今一つだけど、気分転換ができたのか、ちょっとだけすっきりしたような感覚になった。


あたしの左手には、司さんとお揃いのマリッジリング。
胸元には、司さんからプレゼントされた、ダイヤのネックレス。
これは絶対に外さない。
外したくない。

だけど・・
他のものは、あたしが選んだものでもいいんじゃないのかなって、そんな風に思ったんだ。



にほんブログ村
むむっ。トラブルの兆しが・・。
関連記事
スポンサーサイト

  1. その後の二人のエトセトラ
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

こんばんは(^^♪

  1. 2017/05/23(火) 20:23:29 |
  2. URL |
  3. Happyending
  4. [ edit ]
いつもたくさんの拍手をありがとうございます。
もう書いちゃったから、今更路線変更はできないんですが、私、なんだか間違った路線にいっただろうか・・(笑)。

今日は、朝はやくからのコメントありがとうございます。
皆さま、トラブルを心配してくださったのでしょうかね^^;

さてさて
ka●様
うん。恐らく、ホルモンの影響かと・・(笑)。えへ。
そして、ka●さんの旦那様、お優しいんですねぇ。うちの、主人とは大違いかも。私は、本当に悪阻がひどい人で、死ぬんじゃないかと思ったんですよね。それが、精神的な問題と上司に言われたときには、自殺しようかと思ったなぁ。確かに、精神的な問題はゼロではないとは思うけれど、それだけで片づけられちゃうことに納得いかなかったなぁ。もう、随分前の話(笑)。

小●様
早い時間からコメントありがとうございます!
不穏な空気感じていただけましたか??
つくしちゃんのちょっと切ない気持ち、明日のトラブル、うまくつながるのか・・。読まれたら、これか~って思われるかなぁ。
どうぞ、明日も、遊びにいらしてくださいね~。

スリ●様
明日のトラブルね。これかよって感じかも知れません。
予想されている方いるのかなぁ。私的には、これって思ったんですが(笑)。番外編に適さないかも・・(汗)でも、もう決めちゃったから、後戻りはできない・・。

ふぁいてぃ~んママ様
あはは。どうでしょうか??
明日をお楽しみに~ということで。納得されるかな~?


明日の展開はすでに決めちゃっています。
というわけで、明日もAM5:00に!
どうぞよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/23(火) 06:32:02 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/23(火) 05:55:02 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/05/23(火) 05:24:24 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

Author:Happyending
ときどき浮かぶ妄想を書き留めたくて始めました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -