花より男子の二次小説。CPはつかつくonlyです。

With a Happy Ending

す~っ・・・は~っ・・・・
す~っ・・・は~っ・・・・

ふぅ~。
つくし・・落ち着いて。
落ち着くのよ。
これは、何かの間違いよ。
何よ、この人、頂いた名刺とか、渡してんじゃないわよ。

んっ。よしっ。

「あの・・これ。」
「あぁ、下に書き込んだのが、プライベートの番号だから、連絡はそっちにしてくれ。」
「いや・・そうじゃなくて・・・。」

何言っちゃってんの?
あなた、名刺間違ってるわよ。
これって、指摘した方がいいよね。そうだよね。

「あの、塚狭さん。この名刺・・。」
「お前が、司って言うんなら、俺もつくしでいいのか?」
「は?」
「俺も、道明寺っつーよりは、司の方がいいし。」

今・・なんて?
道明寺・・?

そして、私はもう一度名刺を確認する。

『道明寺・・司・・・つかさ・・・・』

・・・?
つかさ・・!?

だ~っ!!ちょっとっ!!!
ちがうっ。
その司じゃないっ!

一体、どういうことなの?
目の前にいるのは、道明寺司さん。
私のお見合い相手は、塚狭・・なんとかさん。

なにー!?
私、凄い間違いを犯したの?
この人が、私のお見合い相手のはずがないよ。
っていうか、この人、どうしてこんなに冷静なの!?
今の状況、分かってるの??


「友達ってのは、あれか?一緒に飯食ったり、映画見たりとかすんのか?だったら・・」
「ちっ、ちがうっ!そうじゃなくてっ・・!」

突然大きな声を出した私に、彼が首を傾げた。

「何だよ?」

何だよって、こっちが何だよ、だよ。

「そうじゃなくて!私、あなたのお見合い相手じゃありません。絶対に、違います!」

「だから?」

だから・・って?
何言ってるの、この人?
予定と違う女とお見合いしてたんだよ?

「私も、あなたも、今日、お見合いだったんですよね?つまり、偶然お見合いが重なって、それで、名前が・・ちょっとだけ似ていたから・・だから・・・。」

恥ずかしい。
もう、穴があったら入りたい。
大体、こんなことってある?
予定と違う人を、お見合い相手だと思い込んでいた。
そして、その人にプロポーズされて、お断りをした上に、お友達になろうだなんて。
しかも、その相手が、道明寺ホールディングスの副社長だなんて。
日本人なら誰だって知ってる、日本トップ企業の副社長。

だけど、この人だって、私がお見合い相手じゃないってこと、分かってたんじゃないの?
名前だって伝えていたし。
それに、私が超一般人だって、さっき話したじゃないの。
そんな女が、あなたの見合い相手な訳ないじゃない。

もしかして・・
もしかして・・

私・・揶揄われてた・・・?


私は、自分の失態が恥ずかし過ぎて、彼を見ることも出来ない。
恥ずかしくて、なんだか悔しくて、自然と涙がこぼれる。

バッグを手に持ち、ガタンと席を立った。
もう、この場にはいられないよっ!

なのに、駆け出そうとした私の腕が、後ろから引かれる。
はっとして振り返ると、道明寺司さんの顔がすぐ目の前。

ああ・・納得。
このオーラ。
この人は、本当に、道明寺財閥の御曹司だ。
今、全てのことが納得できた。


「お前が、本来の見合い相手じゃないことぐらい、知ってたに決まってんだろ。」


知ってた・・やっぱり・・。
やっぱり、私のこと揶揄ってたんだ。

すんっ・・。
って、何泣いてんのよ、つくしっ。

「何で、こんなことを?私を揶揄って、楽しかったの?」
「はぁ?お前、何言ってんだ。一目惚れだっつっただろ?」
「あなたこそ、何言ってんのよ。」

私と彼の視線が合う。
彼の目は真剣だ。
どうしてか、その視線を逸らすことができなかった。

「一目惚れしたから、お前が見合い相手だったらいいなと思ったんだよ。」

この人、本当に、何言ってんの?
分かってて、私がお見合い相手じゃないって気づいてて、それなのに私をここに連れて来たって言うの?

一目惚れって・・本当なの?


「信じられない・・。」
「それ、さっきも聞いた。けど、友達になるんだろ?俺ら。」
「それはっ!」

何言ってるのよ?
さっきまでとは状況が違う。
道明寺ホールディングスがどれだけ大規模の会社かなんて、日本人なら誰でも知ってる。
そこの御曹司だよ。
副社長だよ。
どうして、お友達になれるのよっ。
ましてや、結婚なんて。
この人、本当にどうかしてる。

いつの間にか、私の涙は引っ込んだ。
代わりに、ふつふつと疑問がわいてきた。

だって・・これって、私、騙されていたんじゃないの?
お見合い相手だと思ったから、だから、断ることも失礼だって思ったのに。
この人を傷つけたくないって思ったのに。

「前提が・・違います。そもそも、私たちは、本来出会うはずじゃなかった。」

そう、私たちは、お見合いするような間柄にない。
全く違う世界の住人じゃないの。

「だけど・・出会った。」
「え?」
「そうだろ?」

そう・・そうだけど・・・。

「見合いがどうだとか、関係ねぇじゃん。今日、俺とお前が初めて出会った。それで、俺はお前に恋に落ちた。俺は、お前が俺の運命の相手だと思ったが、お前が友達からだっていうから、それを甘んじて受け入れた。」

そう・・その通り・・・。でも・・。

「お前、弁護士だよな。」
「はい。」
「まさか、誓約書がないから、さっきの約束は反故にするとか言わなねぇよな。」

ぐっ・・。
言葉に詰まった私。

そんな私を見て、道明寺司がふっと笑い、私の頭をポンと叩いた。

「そんなに難しく考える事ねぇだろ?まずは、友達から・・な?」



***



ブーン・・
なんていう音は聞こえない。
静に走るリムジンの中に、私と道明寺司の二人きり。

道明寺司は、とにかく帰ると騒いだ私を、送ると言って聞かなかった。


時間が経って、少し冷静になってきた。

彼の言っていることは、別におかしなことじゃない。
強いていうならば、どうして、私なの?っていうことぐらい。
それ以外は、これ以上ないぐらいにロマンティックな展開・・。

でもね。
私は、高校生じゃないの。
自分と彼の立場の違いだって分かるのよ。
だから、結婚なんてあり得ないよ。

それなら、徹底してお友達を貫いたらいい。
そうよ、必ず好きになるって言った訳じゃないもの。
そうだよ。そう。
深く考えることなんて無いのよ。
凄く美形でセレブな男友達が出来たってことなのよっ!


ごくん。

「考えたんですけどね。」
「何だよ。」
「お友達っていうのは、対等ですからね?」
「おう。」

道明寺司が私を面白そうに見つめてくる。

ドキン。
って、違うってば!

「だから、私もあなたに遠慮なんてしませんから。」
「初めから、遠慮なんてしなくていいって言っただろうが。」
「うっ、うん。そう。だから、お友達を徹底します。」
「了解。」

何よ、何で、そんなに自信満々なのよっ。

「おっ、お友達、止めたくなったらいつでも言ってね。」
「バーカ。止める訳ねぇだろ。俺の目標はお前との結婚。」
「バカッ!!」

クククッ・・・って、お腹を抱えて笑っている道明寺司。
なんか・・・悔しいっ!



リムジンが静かに停車した。
そこは、私のマンション前。
東京郊外にある1LDKの賃貸マンション。
事務所に近いし、都心にも出やすくて気に入っている。

「へぇ、ここか。マンション。」
「なによっ。」
「いや、案外、通いやすいなと思ってよ。」

なっ、何言ってんのよ、この男はっ!
私を揶揄って楽しんでる・・?
それなら、私だって・・

私は、お腹に力を入れて、この自意識過剰男に言ってやった。


「じゃあね。ありがと、道明寺。これから、お友達としてよろしくね!」


その言葉で、少しだけ目を大きくした道明寺司。


あー、ちょっとすっきりした!


私は、そんな彼の顔を見ながら、バタンとリムジンのドアを閉めた。



にほんブログ村

ここから先・・考えてないです(汗)。
どうしよう・・。
関連記事
スポンサーサイト

  1. Switch
  2. / comment:3
  3. [ edit ]

こんばんは(^^♪

  1. 2017/06/29(木) 20:59:39 |
  2. URL |
  3. Happyending
  4. [ edit ]
いつもたくさんの拍手をありがとうございます。
何となく、こんなエピソードを入れようかなっていう漠然とした考えはあるのですが、お話としてどうつなげるか・・。まったく考えていない。ここまでは、飛び出してきた妄想に忠実に書いていましたが、ここからは書きながら考える感じです(笑)。

さてさて
スリ●様
あはは。●君に・・(笑)。そうか、そうか、相当好きですもんね!私、今まで一目惚れってあったかなぁ。遠い昔のこと、忘れかけてるかも・・。つくしちゃんだって、案外司に一目惚れしてるのかも!でも理性が勝るんでしょうね。このタイプは(笑)。

のだめまま様
真骨頂発揮(笑)。このまま行けるかな~。でも、長いお話にしないためには、グイグイ行ってもらわないと!とかいいつつ、次で7話目だったりして・・💦

lemmmmon様
先ほどイベリスにコメント入れちゃったよ。考えると止まりそうだから、さらっと思うがままに書きたいですね~!

H●様
あはは。全く考えていないってことも無いのですが、流れとしてどう組み込むか。で、ラストはどうするかは全く考えていない・・です。長くしないとか言って、これ、無事に終われるのか、ちょっと心配です。どこでラストに持ち込むか・・。

ま●様
正体も明かしたし、妄想も途切れたし、もうこれで終わりでいいんじゃないか・・って訳にはいかないですよねぇ。書き始めた責任は取らねば・・。


長引かせないぞ!と思っているので、つくしをあんまり固くせず、サクサク進めたいなと思いつつ。明日に向かってレッツゴー!
ではでは。
明日も、目標AM5:00で!。


  1. 2017/06/29(木) 09:09:44 |
  2. URL |
  3. のだめまま
  4. [ edit ]
おはようございます☔️
楽しい展開になってきましたね❣️
強気な司、とっても らしいですね〜(笑)
このまま、ドンドン押せ押せでいくのでしょうね⁉︎
司の真骨頂発揮ですね!
続きがとても楽しみです♡♡

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/06/29(木) 07:30:57 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

Author:Happyending
ときどき浮かぶ妄想を書き留めたくて始めました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -