花より男子の二次小説。CPはつかつくonlyです。

With a Happy Ending

こんばんは~。Happyendingです。
すっかり忘れていましたが、今日って七夕でしたね。
他のマスターさん達が七夕のお話を書いているのを見て気付くと言う・・(汗)。

夕方に七夕と気付いて、何となく頭に浮かんだお話を書いてみました。
恐らく前後編・・かな?

7日のうちに前編だけでもと、急いでアップします。
原作の流れのお話になります。
***





ニューヨークとの遠距離恋愛も4年以上が過ぎた。
この4年の間で道明寺に会えたのは数回。
ピサの斜塔で会ったのが最後。

『婚約だけはしておきてぇ。』
なんて勝手なことを言って、でっかいダイヤを押し付けてきたのはもう、3年以上前のこと。


そのダイヤは、結局道明寺の家で眠ってる。
だけど、あいつからもらった土星のネックレスはいつもあたしの胸にある。
これだけがあたしの支え。
あいつの想いが詰まったプレゼント。
だから、あたしはこれを外すことは絶対にない。


街で見かけたカップルが、お揃いのリングを通してた。
お揃いなんて、気持ち悪いとかいうのかな、あいつ。
だけど、身に着けられないダイヤより、あいつと同じものを身に着けたいと思うなんて。
あたしだって、女の子なんだからさ、そう言うことだって思うんだよ?知ってた?

だから、あたしはこっそり腕時計を買った。
その時計には、ニューヨーク時間が表示されている。
その時計を身に着けることで、あたしはあいつとの時間を共有したかったんだ。


だけど・・

ニューヨークとの時差 14時間。
その14時間は、あたしにとって、10000キロの距離以上に辛かった。

だって、どんなに時計が早回りをしたとしても、この14時間は縮まない。
あたし達は、ずっと14時間すれ違ったままなんだって知ったから。


「おはよう」って伝えても、それはあんたの移動中で、
「おやすみ」って伝えても、それはあんたにとっては一日の始まりで、
あたし達は電話で繋がっていても、同じ時間は過ごせないんだと気が付いた。


少しでも、あんたと同じ時間を過ごしたくて、
少しだけ、あたしの存在を感じて欲しくて、
少しずつ、あんたに想い伝えたくて、

あたしはいつも、腕時計を見つめてた。


言いたいことはたくさんあって、
だけど二人に与えられた時間は少なくて、

今日はこれだけ言おうとか、
明日はこれを伝えようとか、
絶対に喧嘩はしないぞとか、

そんなことばかりを考えた。


だから・・ねぇ、道明寺。

あたしの願いはただ一つ。


『あんたと同じ時間を過ごしたい』


七夕の今日。
あたしが願うのはそれだけだよ。



*****



時々送られてくる、幼なじみからのメール。
そこには、俺の愛しい女の写真が添付されている。

約束の4年を過ぎても迎えに行くことが出来ずにいる俺。
そんな俺に、あいつは文句を言わなかった。

本当は、こんな俺に愛想を尽かしてんじゃねーのか?
俺のことなんて忘れてんじゃねーのか?
そんな不安が頭をよぎる。

早くあいつを迎えに行きたい。
その想いをずっと胸に抱きながら、今日も俺はニューヨークで時を過ごす。

疲れた時には、あいつの写真に視線を落とす。
あいつの笑顔を見る事だけが俺の癒しだ。
だが、最近は送られてくる写真をみると焦っている。

ますます綺麗になっていく。
ガキっぽかったあいつが、蝶のようにしなやかな女になっていく。
しっとりと、伏し目がちな視線。
趣のある表情。
お前は誰を想ってる?

そしてじーっとその写真を見つめ、彼女の胸にあるネックレスを探す。
俺が贈った土星が彼女の胸に輝いていることを確認して、俺はほっと息を付くんだ。


東京との時差は14時間。
俺達が離れている時間は4年以上。

正直、焦る。焦ってる。
焦って、気が狂いそうになる。


俺達は、いつになったら、離れている時を取り戻すことができるんだ?


ピロン・・とメールが届いた。
また幼なじみからだ。

その写真を見て、息が止まった。
それは、一葉の短冊の写真。

彼女が書いた、七夕の願いだった。


___『あんたと同じ時間を過ごしたい』



畜生っ、なんで俺たちは会えねぇんだ!
なんで、一緒にいられねぇんだ!

会いたい。
会いたい。
会いたい。
俺だって、会いたい。

一体、どうすりゃ・・・


俺はとっさに携帯をタップした。
東京は、今、夜中の1時。
こんな時間に、俺はあいつに何を願うつもりだ?


『もしもし・・・道明寺・・?』
『牧野・・会いたい・・・今すぐ、会いたい・・』

一拍だけ間があって、すぐに牧野の返事が聞こえた。

『うん。あたしも、会いたいよ。』


____もう、限界だ。


『頼む、牧野。今すぐ、ジェットに乗ってくれ。』

今すぐ俺に会いに来てくれ。
それが、俺の切なる願い。


『うん。』

牧野の涙声が聞こえた。



にほんブログ村

土日はゆっくりできなくて、このお話の続きか、Switchの不定期時間の更新になると思います。
また、お時間のある時に、ちらりと覗いてみてくださいね。
関連記事
スポンサーサイト

  1. 短編
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

こんばんは。

  1. 2017/07/08(土) 21:35:22 |
  2. URL |
  3. Happyending
  4. [ edit ]
いつもたくさんの応援ありがとうございます!

ka●様
コメントありがとうございます。F3それぞれが写真を送ってると思っていました。短冊は、類くん。遠恋って辛いだろうなぁ。4年なんて私なら絶対に耐えられないな。

le●様
間に合ってましたね(笑)。七夕なのに、我が子たち、何も言ってなかった。夢のない子達です…。

蘭●様
こちらは、ラブラブモードです(笑)。つくし、行っちゃいました。時には、こんなつくしもいいかなぁ。

後編も是非、お楽しみ下さい。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/07/07(金) 21:54:10 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

Author:Happyending
ときどき浮かぶ妄想を書き留めたくて始めました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -