花より男子の二次小説。CPはつかつくonlyです。

With a Happy Ending

「道明寺、私たち、結婚しよう。」


目の前の牧野が、バラの花束を受け取って微笑んでいる。

なんだ・・これ・・
これって・・・
これって・・・まさかの逆プロポーズかっ!
こんなのありかよっ。

「俺のセリフ、とってんじゃねーぞ!」

俺は牧野に飛びついた。
細い体をギュウギュウに抱きしめちまう。

「うぎゃっ!痛いってば、道明寺っ!」

牧野の手から、バラの花束が落ちた。

「やだ、お花が落ちちゃったっ。」
「知るかっ。」
「知るかって、あんたが用意したんでしょうがっ、痛いって。」

牧野を締め、彼女の髪に顔を埋める。
彼女の匂いと、この現実に酔いしれる。
俺が手に入れた女だ。
これからどんなことがあろうとも、絶対に手放さない。


少しだけ力を抜いたところで、牧野からの声。
「ねぇ、道明寺、返事は?」

牧野が、俺の胸から顔を上げて、いたずらっぽく俺を見る。

・・・返事?
ちくしょう!!
そんなの分かってんだろーがっ!!

俺は、胸元から、用意していたビロードのケースを取り出した。
それをパカッと開けて、有無を言わせず、牧野の左手の薬指に通す。

「俺の愛の証だ。」

どうだ?
俺が選んだエンゲージリング。
これが俺の返事。
エンゲージは愛の証明だろ?
まぁ、俺の愛は、ダイヤなんかで語れるデカさじゃねぇけど、それでも、大きさばかりでなく、グレードにも拘った一品だ。


牧野がぱかーんと口を開けている。
瞬きもしてねぇ。
息止まってんじゃねぇのか?

なんだよ?そんなに、感動したか?

「これ・・なに?」
「エンゲージリング。」
「これ・・ホンモノなの?」
「おい、どういう意味だよ。まさか、俺の愛が、ニセモノだとでも言うつもりか?」

聞き捨てならねぇ。

「やっ、だって・・。昔、こういうリングのキャンディ売ってたなって。道明寺も、それ知ってるんだって思ったのよ。」
「知らねーよ!そんなキャンディなんかっ!」

「じゃあ、これ、本物のダイヤモンドなの?うそっ。こんなの受け取れない!」

なんだか、牧野が困惑し始めたぞ。
俺はすかさず、彼女の左手を取り、指を絡めた。
絶対にこの指輪は外させない。

「誰に見せびらかす訳じゃねーだろ。素直に受け取れ。」
「でも・・」

「受け取らなきゃ、この手は一生離さないことになる。」
そう言った俺に、

「そう言えば、あんたって、強引な奴だったよね。出会いから。」
牧野が笑い出した。


その笑いを塞ぐように、牧野の唇にキスをする。
舌まで絡め、俺の本気が伝わるように。
牧野の抵抗は・・・ない。
どうやら、この指輪を受け取ってくれたようだ。

少し気持ちが落ち着いて、ゆっくりと唇を離すと、牧野と目が合った。


「「愛してる」」


俺たちは、たった今、夫婦となる約束をした。



*****



「ねぇ、この指輪、重すぎてフォークが持ちにくい。」
「あ?我慢しろ。」
「こんなの、恥ずかしくって、誰にも見せられないよ・・」
「こんなのって、どーいう意味だよ。誰に見せるもんでもねぇんだろ?いいじゃねぇかよ。」
「そうだけど・・・。」

左手の薬指がすごく重い。
つっちゃいそう。
こんな常識外れな大きさのダイヤモンド、見たことないし。
私には全然似合ってないのは明らかだけど、これに道明寺の愛が込められてると言われれば、外すことはできなくなった。
これ、何カラットあるんだろう・・なんて、聞くのはやめておこう。


「牧野・・これ。」
「うん?」

デザートが終わり、二人でコーヒーを飲みながら、見せられたのは婚姻届け。
すでに、道明寺のサインは記入済み。
承認欄には、うちのパパのサインと、道明寺のお父さんのサインが入っていた。

「え?これ・・・」
「今すぐ記入してほしい。」
「え?え?ちょっと待って?」

道明寺が胸ポケットから万年筆を取り出して、コトッとテーブルに置いた。

「お前の両親には先週お会いしてきた。娘さんを下さいって言ってきたぜ。すげぇ、緊張した。でも、なんか、弟から話聞いてたみたいで、滅茶苦茶喜ばれた。おもしれーな、お前の父ちゃん。」
「うそ・・。」
「ホント。」
「本当にうちの両親に会ってきたの?あの・・」
「何だよ。」
「だって・・驚いたでしょ?うちの両親、常識ないっていうか・・。それに、家も、ボロボロだし・・。」
「何を今更。」
「そうだけど・・。だけど、道明寺のご両親は?反対されてないの?」
「いや、むしろ大歓迎みたいだ。この婚姻届け、サインして送ってきたのはオヤジだしな。」
「ええ?本当に?」
「まぁ、お前から返事をもらったら、すぐに両親に紹介するつもりだった。」
「うん。」
「だが、その必要はなく、お前の情報は向こうに漏れてたみたいだから、何も心配は要らねぇよ。」
「それでも、ご挨拶はきちんとしないと。ご両親はニューヨークだよね。」
「わざわざこんなもん送ってくるぐらいだから、会いに来る暇があるんなら、さっさと入籍しろってことだと思ったけど?」
「でも・・。」


反対はされていないのかも知れないけど・・でも・・

「あのね、道明寺。道明寺はどうして、今すぐに入籍したいの?もしかして・・・」

もしかして、やっぱり、会社の都合とか・・あるのかな。
ご両親も、道明寺の昇進のことを心配なんてしているのかな。
それは、経営者としては当然の心配なんだと思うし、彼が私と結婚したいという気持ちが嘘だなんて思わないけれど。
ご両親に挨拶せずに、今日、今すぐ入籍したいと言う道明寺に、やっぱり聞いておきたいと思った。

この結婚は、道明寺にとってどんな意味があるのか。
これからの人生を、私とずっと一緒に過ごしたいという意味なのか。
やっぱり、会社のことを考えてのこともあるのか。
それならば、その役割は私でいいのか・・?


「もしかして・・って、何か思い当たることがあるのか?」
「うん・・・あのね・・・。」

彼が道明寺ホールディングスの社長に就任するかどうかが来週決まる。
その前に、パートナーをきちんと公表できた方がいいんだよね。
私、知ってるから。
だけど、本当に私でいいのか聞きたいの。
私でいいのなら、ずっと側にいるよって言うつもりだった。


「お前、もしかして、誰かに言われた?」
「あ・・うん。少し、聞いた。」
「もしかして・・ショック受けてんのか?」
「ううん。そんなことない。でも、やっぱり本当のことなのかどうか、きちんと聞いておきたい・・かな。」

私がそう言うと、道明寺がふぅーっと息を吐いた。

「俺は、黙ってた方がいいと思ったんだ。」
「うん。」

「お前のアノ時の声が、近所に漏れてるなんて、やっぱショックだよな。」
「・・・え・・?」
「だから、あれだ。結婚して俺んちに住めば、俺も手加減なんかしねえし、お前を十分満足させてやれる。声なんて、いくら出しても大丈夫だ。寝室は防音にしてるから。」

「・・・え?」

「実は、俺も結構ショックだった。お前の声が他の住民に聞こえてたかと思うと、はらわたが煮えくり返る思いだった。だから、すぐにでも結婚して、お前を邸に連れて帰りたい。」

えっ・・えっ・・
ちょっと待って。
意味分かんない。

この人、一体何を言っているの?
私が聞いてるのは、そういうことじゃないでしょ?
社長就任のために、結婚は急いだほうがいいんだよねって、一応確認しておきたかったのよ?


「心配すんな。今夜は、お前をがっつりイカせてやるから・・」

とか言って、凄く熱い視線を送ってくる道明寺。


・・・っ!!
うっそーっ!!!

ちっ、ちっ、ちがーう!!!

道明寺が言ってることって・・つまりっ・・・


『きゃーっっ!!!』


私は、両手で顔面を覆った。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

あは。こんな展開でごめんなさい。
関連記事
スポンサーサイト

  1. Switch(完)
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/07/22(土) 10:04:17 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/07/22(土) 08:24:39 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/07/22(土) 08:18:41 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/07/22(土) 05:27:13 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/07/22(土) 04:22:56 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

  1. 2017/07/21(金) 23:02:36 |
  2. URL |
  3. Happyending
  4. [ edit ]
あ●様
MRIはとってないんです。ただ、足の痺れがないので、ブロック注射にならないみたいです。ひたすら腰の筋肉がいたいんですよ。なんだこれ。筋膜性腰痛?いつも仕事で座っているから、筋緊張が高まって、無理な姿勢を続けると痛みが出るらしいと。
本当かっ!今回は、長距離運転後です。腰痛持ちは運転つらいんですよねぇ、本当。
適度に運動をして、常に筋肉の血流を良くして、筋緊張を下げるのがいいらしいですが、スポーツもしてない訳じゃないのに・・。納得いかない!体が硬いっていうのは、本当だけど・・。
明日の朝の状態を見て、もう一度その整骨院へ行くか、整形外科へ行くか決めようかと思います。
はい。もちろん、無理なくやっていきまーす。労わりコメントありがとうございました〜!

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/07/21(金) 22:30:30 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは(*^^*)

  1. 2017/07/21(金) 21:47:05 |
  2. URL |
  3. Happyending
  4. [ edit ]
いつもたくさんの拍手をありがとうございます。
色々考えたけれど、この展開・・・。本当にすみませーん。

私、腰痛持ちなのですが、昨日から激痛で、今日初めて、仕事帰りに整骨院に行ってみたんです。施術?してもらったはいいけれど、揉み返しなんでしょうか・・すごく体が痛いし、腰もさらに痛いしで、にっちもさっちもいかない感じなんです!
こんなことってあるのかな・・。今日は揉み返しがあるとは言われたのですが、これほどまでとは。
歩くのも辛いし、座るのも辛い状況になっていて、PCの前に長く座っていることが難しい状況です。ぶっちゃけ、トイレも辛い・・。着替えも出来ない・・・。主人は出張だし・・。とりあえず、週末になってくれてよかったのですが・・汗。

そんな訳で、今日もまとめてのお返事でごめんなさい!
恥ずかしい状況のつくしちゃん。このままにはできないので、できるだけサクサク進めたいのですが・・・。

もしかすると、いつもより短めでお話を繋いで行くかもしれないです。(じっと座って書いていることができないので・・汗)

腰の状態と相談しながら、お話進めて行きますね。
早く終わりにしたいよー!

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/07/21(金) 21:40:55 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/07/21(金) 19:19:33 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/07/21(金) 17:59:14 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/07/21(金) 17:35:24 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/07/21(金) 07:21:33 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/07/21(金) 05:23:52 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

Author:Happyending
ときどき浮かぶ妄想を書き留めたくて始めました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -