FC2ブログ

Happyending

Happyending

最後まで応援いただき、ありがとうございました。
一瞬、本気で投げ出そうかと思ったけど・・(笑)
拍手やポチをみて、読んでもらっているんだなぁと思えば頑張れました。
感謝っ!です。


悩みながら(←だったら書くなっ!は置いといて・・)書いたのと、バタバタしていたから一気に書けなかったので、何と言うか一貫性が無かったな・・と反省。急に司が鬼畜になってみたり・・(^^;。
でも、『司を嵌めることに悩むつくし』と『罠に掛けられそうになってプチ鬼畜になる司』が書きたかったので、私は満足でした(笑)。

でも、これ、つくしの悩みの一つが、司がゲイ・・( ̄▽ ̄;) 
これがねぇ・・。でも、もしもですよ?つくしが司のことをゲイだとは思っていなくて、それでも司を嵌めるとなると、かなりシリアスな展開になるんですよ。司よりも、楓(会社の利益)をとるみたいな?なので、ここはスッゴク考えました。だって、そんなつくしって嫌なんだもん!!だったら、初めから書くなって話なんですけどね。そうそう、それが嫌だったから、恋のスパイスはミッション軽めだったんですよね~。

何はともあれ、無事に完結。いやー、良かったです!
途中、展開を考えすぎて頭おかしくなるかと思いました(笑)。
皆さまのご想像はいかがでしたか?

ここで、
私の記憶をちょっと思い起こしてみますね(笑)。
私が考えていた、他のパターンは、

①薬は入れない←この選択肢はほぼなかったな・・。

②薬を飲ませてしまうが・・・
→司はすぐ起きちゃう(まさに野獣)
→心配したつくしちゃんが、ちゃっかり、こっそり、添い寝しているところを目覚めた司に襲われる。(あれ?寝ちまったか?ぐらいで、薬に気付いてない司・・・可愛いかも・・。)
→後から疑惑が晴れてハッピーエンド。

③薬を飲ませてしまうが・・・
→それは胃薬。いつまで経っても寝ない司。 
→眠気が来た頃に告白するつもりなのになかなか寝なくてどうしよう・・と思っているうちに、司から告白される。
→ゲイ疑惑も晴れる。
→無事に合体。
(かなり無難なパターンで却下・・笑)

④つくしが薬を入れているところを目撃!
→その真意を確かめるために、飲んだフリをする。(ちょっと仕事するとかいって、ベッドルームへ籠るとか)
→トイレにコーヒーを捨てて、ベッドで寝たふり。(もしくは死んだふり?)
→こっそりつくしちゃんが入って来て、息を確認したりとかハラハラしている。
→定番のつくしの独り言で愛を告白。(司はゲイ設定だから、やや恨み節)『すごく好きなのに、何でゲイなのよっ!』とか?
→結局、司に襲われる。

⑤つくしが薬を入れるところを目撃!
→やっぱり飲んだフリでベッドに倒れる司(④と同じだが、半分コーヒーを残している)
→この薬がどんな作用があるかは分からないが毒かもしれないと思っている司 
→コーヒーが残っていることを確認してから、ベッドに近づいてきたつくしが、『ごめんね』と呟いたとたんに司が激怒
→『お前・・毒を入れたのか?』
→鬼畜司 
→『毒』と言われて、そう言う可能性もあったのかと気付き、震えるつくし
→司をなんとか押しやり、残りのコーヒーを飲み干す 『毒じゃない!信じてっ!』
→つくし、バタンキュー
→何が何だかわからない司は、西田に連絡をとって真相を知る
→つくしを邸に連れて帰る(一応医者を呼ぶとかなんとか?)
→つくしを抱きかかえて連れ帰るときにマスコミにキャッチされる(ワザと)
→なんだかんだで誤解が解けてハッピーエンド。

⑥実は、薬は軽い媚薬だった
→コーヒーを準備して運んだ時に、つくしが告白『好きです。』
→あっさりと司からも『俺も』と返される。
→予想外の返事に焦ったつくしがコーヒーを一気飲み。
→いろいろ疑問があるのに、体の抑制が効かず、司に求められるがままに一夜を共に・・
→夜が明けて、パニックになったつくしが『支社長には他にも好きな人いるんでしょ?』とか聞いてみたりして?
→誤解が解けてハッピーエンド 
(ぐちゃぐちゃ悩むつくしちゃんの背中を押すバージョンって感じ?)

とか、まぁまぁ、細かいこと入れたら、もっといろーんなパターンを考えました。
でも、楓さんの思惑は何なんだ?とか考えると、やっぱり一番書きたかった、『プチ鬼畜司+胃薬』に決まりました(笑)。本当に睡眠薬だと・・そこには楓さんの愛があるのかと首を捻り・・やっぱり、なぁ・・と。


毎回そうなんですが・・
いつもお話をイメージで書くので、プロットとか無いんです。
こういう場面を書きたいっていうイメージに向かって書いて行く。
その場面を超えると、次の目標がなくて焦る・・の繰り返し。
こんなので毎回完結していることに、自分が驚きです。
そして、こんなお話に伴走して頂いている皆さまには、感謝しかありません!



さてさて、もう12月ですね。
明日は総ちゃんのBD。
ブログ村にもイベントの告知も出ていますね。
私は、間に合えばですが、『総二郎目線の司』を書いてみたいなと思っています。
間に合わなかったら・・ごめんなさい。
あと、久しぶりにリクエストを頂いたので、その短編を考えたいです。
ちょっとゆっくりモードのままですが、また時々覗いていただけると嬉しいです!

いつもたくさんの応援に本当に感謝しています。
ありがとうございます。

ではでは、また~。

Happyending


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
Posted by

Comments 5

There are no comments yet.
Happyending  
こんばんは ~!

あとがきにも拍手を頂きありがとうございます。
色々考えた一部をご紹介(笑)。
そうそう、実はいっちばん初めは⑤を考えていたんです。でも、睡眠薬を実際に盛ってしまうというのがどうしても、うーんとなって・・。いくら楓さんでもやりすぎだろっ。まあ、全体的な設定自体に無理があったか・・笑。でも完結したからもういいんだ~。るんるん。
そして、先ほど、総ちゃん目線の短編1話目をアップしました。
書いてみたら1話で収まらなくて、しかも結構花男の流れを忘れてるところもあって、漫画チラ見したりしていたら全然進んでない。しかも、娘にも花男の漫画を所有していることがバレてしまった・・あちゃーっです。

小花様
プチ鬼畜って、やや安心な鬼畜なんです(笑)。なので、私も書きやすいww。私も案外好きなんですよ~。ややバイオレンスな司。萌える~。師走ですね。この年末年始は忙しそうで参っちゃいます・・。


スリ●様
やっぱり⑤??私も初めは⑤な感じで、その辺りを先に書いたりしたんです。「毒じゃない!信じてっ!」て。でも、それだけでも結構切ない感じで、そこからどう頑張っても甘いハピエンに行かないんじゃないかなと思えて却下(汗)。バランスをとると、今回の展開しか選択肢が無くなってしまいました・・。すでに、ステータスにコメント頂いてたっ!(笑)。こちらはまた後で~。

ちぇ●様
おお~!それは全く頭になかった!というか、NY逃げたら長くなるから日本で完結することしか考えてなかったっ。つくしちゃんの性格を考えると、勝手に悩んでNYに逃げちゃいそうですよね・・。確かに、司にバレてる展開も面白いですね!今後の参考になります・・メモメモ(笑)。

う●様
結局最後に高らかに笑ったのは楓さんですね(笑)。幸せな罠・・そうですね。後から考えれば、ミッション与えなくても、無理やり秘書にしてしまえば、勝手にくっついた二人なんですけどね。ププ。

ふぁいてぃ~んママ様
凡人・・(笑)。いやいや、私もそうとう凡人です。文章書くの本当に苦手。長くなっちゃうし。最近妄想というより、結構考えてるから疲れるな~と思っているところです。天から何か降って来ないかなぁと願ってます。そうそう、西田さん、何気に写真でグッジョブなんです。出来る秘書、西田(笑)。今後も頭が上がりません。みんな幸せなお話を目指して頑張りますね!

サ●様
了解しました!
総二郎君のお話が終わったら、じっくり書こうと思います!お待ちあれ~!



ではでは、ステータス書かなきゃ。
その前にカレー作らなきゃ(笑)。
月曜日は帰りが遅いので、カレー率が高い我が家です(;^_^A

2017/12/03 (Sun) 20:09 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/02 (Sat) 16:55 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/02 (Sat) 12:39 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/02 (Sat) 09:39 | EDIT | REPLY |   
小花  

happy endingさん
おはようございます。

罠、とっても面白く読ませて頂いていました。
どうもありがとうございました。

みんながそれぞれの相手に愛のある罠仕掛けて、、
オシャレなオチのミステリーみたいでステキなお話でした。

私もプチ鬼畜な司、大好きです(≧∇≦)
鬼畜な司じゃなくプチ鬼畜!
happy endingさんの司は安心して読めるから大好きです。

総ちゃん目線も短編も楽しみにしております。
師走ですね!
お体にお気をつけて、楽しいクリスマス&年末をお過ごし下さい♪

2017/12/02 (Sat) 06:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply