花より男子の二次小説。CPはつかつくonlyです。

With a Happy Ending

あいつをベッドに下ろして、俺はシャツとパンツを脱いだ。
ぼーっと俺を見つめているこいつの上半身を起こし、キスをしながらパジャマのボタンを外した。
そのままパジャマのズボンも脱がせて、ベッドに体を横たえる。

「あんまり見ちゃ、ヤダ。」
とあいつが胸を両手で隠そうそするから、その両手をとって顔の脇に押さえつけた。

「好きだ。心底惚れてる。」
そういって、首筋にキスを這わせていく。
「あっ、あたしもっ。」
必死に返事を返すあいつが可愛い。

ブラを外してその頂を摘まんだ。
「あっ。」
そんな声を聞いたら、俺の理性が吹っ飛んだ。
片方の頂を口に含んで、もう片方は手の平で揉んでいく。
「うっん、あぁぁん。」
あいつから聞いたこともない声が漏れる。
その声も俺が出させているのかと思うと、余計に興奮する。

キスを腹部に下ろしていき、ショーツを脱がせた。
秘部に指を這わす。
小さなつぼみを見つけて、指で転がす。
「あぁ、ぁん。」
首を振るあいつがかわいくて、俺は舌を絡めるキスを繰り返した。
しばらくして、あいつの体が一瞬こわばり、それから脱力するのが分かった。

そのままゆっくりと指をあいつの中に進める。
狭い。
「あっ、いっっつ。」
はっとして、その表情を見ると辛そうなあいつの顔。

もしかして・・
「もしかして、初めてなのか?」
真っ赤な顔をしたあいつが、コクっと頷いた。

その時の俺の感情は表現の仕様がない。
こいつには鷹野という彼氏がいるはずなのに、経験がないのかという疑問はすぐに吹っ飛び、
こいつを俺のものにしたいという男としての欲望が湧き上がった。

俺はあいつの膝を開くと、足の間に顔を埋めた。
「ひゃっ、いやっ!」
逃げようとするあいつを押さえつける。
絶対に逃がさない。
そのまま、舌と指で愛撫を繰り返した。

何度も痙攣を起こしては、あいつの体が弛緩する。
俺もこれ以上は我慢が効かないというところで、
「入れてもいいか?」
と聞いた。
嫌だと言われても、逃がしてやることはできねぇのに、そんなこと聞く俺も大概か。
あいつは言葉も出ないようで、濡れた瞳で俺を見上げてただ頷いた。
その返事をみて、俺はあいつの中にゆっくりと沈み込んだ。

「ああぁぁ、うっ、ううっん。」
「はぁっ、はぁっ。」
ものすごい快楽が俺の脳天を貫く。
優しくなんてしてやれない。
ごめんな。
そのまま、強く腰を打ちつけて、何度もあいつにキスをして、そして果てた。

気を失っているあいつを抱きしめる。
俺の女だ、誰にも渡さない。
そう思った。



*****



ニューヨークの道明寺ホールディングス本社ビル53階。
道明寺楓の元に、大河原夫妻が出向いた。
「この度は本当に申し訳ない。ですが、娘とご子息とのお話はなかったことにさせて頂きたい。」

「どういうことでしょう?すでに、内々には決まっていた話ではありませんか?」
「しかし、娘には好きな男性がいるようで。私たちも反対しきれず。」
「今さら、何を。」

「道明寺社長。」
と大河原夫人が話に割って入った。
「本当に申し訳ないことです。しかし、滋はその男性の子供を身籠っているんです。
このようなお恥ずかしいお話をするべきかは迷いましたが、いずれ分かることでしょうし、このお話をしなければ、納得してはいただけないでしょう。」

「今回の提携については、予定通り進めます。どうか、今回の非礼はお許し下さい。」
と夫妻がそろって頭を下げた。


なんということ。
すでに、二人の婚約を前提としたプロジェクトも進行しているというのに。
道明寺邸では二人が仲良くしているとの報告が入っていた。
それなのに、滋さんが他の男性の子供を身籠っているだなんて。
他に男性がありながら、道明寺邸でのうのうとしていた滋さんに呆れる。

話を聞けば、相手は鷹野物産の長男で、大河原に婿入りする覚悟でいるという。
鷹野物産はそれなりの資産をもつ会社。
その長男はたしか、すでに会社の重役についていたはずでは?
鷹野にしてみれば、大河原の縁故は棚から牡丹餅といったところか。
しかし、長男を婿に出す覚悟とは・・。
道明寺は、司を婿に出すつもりなど更々ないし、もちろん、他の男性の子供を身籠ったという滋さんを迎え入れるつもりもない。

道明寺を馬鹿にしているのか・・と怒りがわいた。
しかし、今回の非礼を謝罪し、合同プロジェクトはこのまま進めるという大河原夫妻の意向を受け入れるしかなかった。
今道明寺に手を引かれれば、困るのは大河原も同じだ。
石油関連の便宜を図ってもらうことを条件に、今回の騒動と、滋さんが身籠っているという情報は極秘とすることも了承した。





にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

  1. 初恋
  2. / comment:3
  3. [ edit ]

こんばんは〜^ ^

  1. 2016/10/05(水) 18:08:16 |
  2. URL |
  3. happyending
  4. [ edit ]
コメントや拍手、ありがとうございます!
ここまでくると、展開がわかりやすいでしょうか??
私の中では、すでに25話で完結!変更なし!の予定です。
完璧に書いてはないですが、話を変更しない限りは25話でいけそうです。
明日から、またちょっと切ないモード。
私も辛いですが、展開上、仕方ないです(涙)

管理人のみ閲覧できます

  1. 2016/10/05(水) 10:42:36 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

  1. 2016/10/05(水) 05:10:23 |
  2. URL |
  3. じゅんこ
  4. [ edit ]
おはようございます☆
やっとラブラブできましたね(*^^*)ウフフフ
それにしても!事態はややこしくなってきましたね。
滋さん!!早く誤解解いてあげないと、司もつくしも可哀想だ(-_-;)
もっともっとラブラブで、いーわよ(^^)バンザイ

 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

Author:Happyending
ときどき浮かぶ妄想を書き留めたくて始めました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -