花より男子の二次小説。CPはつかつくonlyです。

With a Happy Ending

その後も毎日、掃除、ベッドメイキング、食事のサーブの仕方、お茶の出し方など、いろいろと教わりながら過ごした。

結構大変なのが、ベッドメイキング。
各部屋に設えてあるのは、全てキングサイズのベッドだから、一人で作業するのは大変で、大抵は二人一組でやっている。

最近あたしは、先輩メイドの美樹さんと組むことが多い。
美樹さんもメープルからの出向組。
29歳で、独身。
美樹さんは、基本業務はメープルで覚えてきたんだけれど、お邸の業務の方がはるかに厳しくて大変だって言っていた。
確かに、調度品とか多すぎて、扱い大変だよね。
メープルとお邸のスタッフはだいたい、1年ぐらいで交代になることが多いそうだ。

「やっぱり、お邸は厳しいから、長くいる子は少ないわね。」
という美樹さんはお邸2年目らしい。

今現在お邸にいるメープルからの出向組は10人。
古参スタッフは、メープル対応ではなく、直接契約で入っている人もいるから、実際のお邸スタッフはそれ以上いて、あたしにはよく分からない。
それでも以前に比べると半分以下の人数なんだって。
早出・遅出もあるし、夜間も対応があるから、夜間業務の時には、宿直室に泊まることになる。
あたしはまだ試験雇用期間だから、宿直はないけどね。
一応週休2日制で、シフトが組まれていけど、忙しいと休みが取れないことも多いそう。
メープルのフロアスタッフも兼務するので、メープルが忙しければそちらへ行くから、はっきり言って週1ぐらいしか休みはないんだって。
へぇ~。


あたしは住み込みで働いているから、一緒に暮らしているメイドさんたちと食事をとることが増えた。
お部屋は小さいながらも、綺麗な個室を与えられている。
部屋付きのミニキッチンもあるけれど、広い共用のキッチンスペースもある。
勤務時間中は、まかない食が振舞われるから、それを食べるんだけど、道明寺邸のシェフのお料理はとっても美味しくて、ほっぺたが落ちそう。

あたしは料理好きだから、勤務時間外にはみんなに料理を作って出したりしている。
シェフとも仲良くなったから、レシピを教えてもらえることもあって、とってもラッキー。


今日も、夕食はその場にいたみんなと食べていると・・
「今週は、司様、出張でこちらへは戻られないわね。」
と美樹さんが言う。

「司様って?」
「あなた、何言ってるの?」
「私、まだ、奥様や旦那様にお会いしたことが無くって・・ハハ。」
「あら、いやだ、奥様や旦那様はニューヨークにお住まいなのよ。こちらにはほとんどいらっしゃらないわ。」
「ええ~っ。そうなんですか?」
「椿様だって、年に数回来られるだけだし。あ、椿様は道明寺家のご長女様で、今はご結婚されて、アメリカで暮らされているわ。だから、今のお邸の主は司様ね。」

「司様・・・ですか。」
「本当に知らないの?」
「・・・?」
「珍しいわね。このお邸に来る子は司様目当ての子も多いのに。
『道明寺司』よ。わかるでしょ。経済界のプリンスって言えば有名よ。」


そうか・・・道明寺司。
あたしも知ってはいる。
でもあまりにも遠い世界の人だから、すぐには分からなかっただけ。
道明寺ホールディングス 日本支社の支社長だ。
確か、あたしの一つ上だから、25歳。
そっか、その人が、このお邸の主なんだ。

「とはいっても、平日はほとんどマンション暮らしをされているし、このお邸に戻られるのは週末ぐらいなのよね。それも、出張やなんだかんだで戻られないことも多いし。」
そういって、美紀さんが溜息をついた。
「でも司様って素敵よ。この世の人じゃないってぐらいに格好いいし。あなたも本物を見たら、驚くわよっ。」
美樹さんはあたしにウインクした。
「でもまぁ、私達はせいぜい玄関でお出迎えするぐらいで、身の回りのお世話はほとんど全てタマ先輩がされるから、私達がお近づきになるチャンスはないわね。」



道明寺司か・・。
まあ、あたしには、あんまり関係ないかな。
その時あたしはそう思ってた。

だから、その後みんなで道明寺司の噂になっても、あたしはほとんど聞いていなくて、食後の片付けなんかをしていたから、そんなあたしをタマ先輩が面白そうに見ていたなんて気が付かなかった。




2週間目にタマさんから、
「合格だよ。」
と言われた時にはすごくうれしかった。

「あんた、なかなか気に入ったよ。今時珍しく料理もできるしね。」
タマ先輩もあたしが作った煮物、美味しいって言ってくれてたもんね。よかった~。

「ちょうどあんたにやってほしい仕事があるんだよ。」

あたしは、うれしくて、うれしくて、
「はい、何なりと!」
と返事を返した。



 

にほんブログ村
応援ありがとうございます!
明日は、ついに坊ちゃん登場です(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

  1. 理想の恋人
  2. / comment:4
  3. [ edit ]

いつもありがとうございます^ ^

  1. 2016/10/20(木) 20:37:35 |
  2. URL |
  3. happyending
  4. [ edit ]
どうかなぁ。
みなさんの予想通りでしょうか??
今回は楽しくいくつもりなんですけどね。
へへへ。明日をお待ちくださーい(*^_^*)

管理人のみ閲覧できます

  1. 2016/10/20(木) 16:52:50 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2016/10/20(木) 08:14:15 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2016/10/20(木) 08:02:25 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

Author:Happyending
ときどき浮かぶ妄想を書き留めたくて始めました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -